ギャンブルはほどほどに。競馬、競輪、競艇にはまりキャッシングだ!

ギャンブルでキャッシングはあんまりいい使い方じゃないよね!借りられるけど。

ギャンブルは自分の中でヤメ時を知らなければどんどんお金をつぎ込んでしまい生活費に手を出してしまう人や、借金を作ってでもギャンブルにつぎ込んでしまう人がいます。
一度でも大勝ちをした経験がある人であればご存知の通り、この大勝ちをするためにいそいそとパチンコ店などに足を運んでしまうことがありますが、こうしたギャンブルは自分の中でしっかりとした計画を立てながら趣味として楽しむようにしなければなりません。

あまりにもギャンブルに夢中になってしまうことや、必死になってしまうことは、自分の生活そのものがおびやかされてしまうので非常に危険な要因を含んでいるといえるでしょう。
実際にギャンブルにはまってしまい多額の借金を抱えてしまった人のお話を読んでみましょう。

renz063

自己破産寸前まで追い込まれた

お恥ずかしい話ですが僕は現在40代になりますが、30代前半のころ、多額な借金を抱え、自己破産をしなければならないような状況に陥りました。
とはいえ仕事がうまくいかなかったなどの理由ではなく、ただ単に僕自身がギャンブルにはまりすぎてしまったのですが、当時は初めてのスロットを覚えた僕は、スロットの目をそろえるのが楽しみで仕事の合間時間などにパチンコ店に足を運んでいました。

あるとき数千円といったお金が数十万円になった事があったため、こんなにも簡単にそして短時間で大勝ちしてお金を稼ぐことができるんだと言う感覚が体に染み付いてしまったことから、より一層パチンコ店に足を運ぶことが多くなってしまいました。
しかし世の中、そううまくはできていないもので思うように勝ち続けることができず勝ったお金を知らず知らずのうちにパチンコ店にすべて返還しているような状態でした。

それでもやはり大勝ちをしたいと言う思いから自分の小遣いに手をつけ、勝ったり負けたりする中での生活だったのですが、やはりギャンブルというのは怖いところで、どんなに負けても翌日になると足を運んでしまいたくなるものです。
何度も何度もパチンコ店に足を運んでいる時自分の小遣いが底をつき、最終的にはキャッシングに手を出してまでギャンブルをするようになってしまったのですが、気がつけば、複数社で借り入れを行い100万円を超えるほどの借金を抱えていました。

renz064

冷静になって利息を計算して、返済計画を立てて

夢中になっている頃はこんな部分まで計算していませんでしたが、月々の返済をしていくうちに自分の小遣いだけでは返済することができないと気づき、ここでようやく自分がしてきたことに冷静に向き合うことができました。
しかしその時には時すでに遅く支払などもたくさんの滞納があったため、このままでは生活をしていく事が出来ないと思い、自己破産をしようかと悩んでいたのですが、あまりにも僕が困っている状況を察知した友人がたまたま借金返済の肩代わりとしてお金を貸してくれたために、自己破産をせずに済みました。

ギャンブルは勝てば喜びも大きく楽しみもあるものですが見境なく夢中になってしまえば、僕のように一歩間違えたら人生そのものを踏み外してしまうことになるので、便利な消費者金融の利用も気をつけていかなければなりませんね。

キャッシング人気コンテンツランキング

お金のコラム じぶん銀行 みずほ銀行 ゆうちょ銀行 りそな銀行 アイフル アコム オリックス銀行 セブン銀行 ノーローン プロミス モビット レイク 三井住友銀行 三菱東京UFJ銀行 主婦・パート・派遣 体験談 即日 基礎知識 審査 少額借入 楽天銀行 浪費 銀行カードローン OLの借入体験 Q&A