消費者金融を競馬やパチンコ、ギャンブル目的で使用!待って!そのキャッシングは危険かも・・・

消費者金融でキャッシングをすると言うことは、とても意味あることです。キャッシングをすれば、有意義にマイライフを送ることができます。飲み会でお金がないと言うことでキャッシングをする人たちもいます。それは正しい方法でしょうか。

rez065

飲み会でキャッシングをする

飲み会でキャッシングをすると言うことはしていいことか、して良くないことかは、なかなか判断できない問題です。飲み会に誘われて、お金がないからといつでもキャッシングというモチベーションでは決して正しいとは言えません。そのようなモチベーションの人たちは、いずれ借金地獄に陥る人たちかもしれません。ここの見極め、境界線はとても大事なことです。
しかし飲み会でお金がないと言うことで、いつでも誘いを断ると言うことも正しいことかという問題です。飲み会こそ出会いのチャンスがある場所であり、その飲み会で最愛なる人をゲットするかもしれません。ないかもしれませんが、私達の現代社会は出会いのチャンスが少なく敢えてそのような場所を求めていかなければなりません。

どのようなキャッシングが正しいか

どのようなキャッシングの方法が正しいのかと言えば、時に断り、時に受けると言う方法です。その時手持ちのお金がない場合、キャッシングすると言うことも方法であり、だからこそキャッシングは大きく意味を持つようになります。
まず、私達はいつもいつもキャッシングと言う発想は決して正しいと言えません。

返済のことを意識する

借り入れする時に同時に返済をすると言うことではなく、返済は遅れて1ヶ月、2ヶ月後に来るため、まあいいかという精神も生まれて、つい忘れて他の場所でもキャッシングをしてしまうこともあります。まず大事なことは借り入れした時に、いついつに支払いをしなければならないと言う計画性をたてると言うことになります。
そして返済側の視点に立ち、完済間近なので、断るはずだった飲み会にキャッシングをして出席すると言うのもありですし。消費者金融のキャッシングは有効的なものです。返済としっかりバランスを取って正しい使用の方法をしていただきたいと思います。

消費者金融をギャンブル目的で使用する人たちも多い

キャッシングを実際にギャンブル目的で使用する人たちも多くいます。それもキャッシングの方法の一つですが、とても危険な臭いを感じると言うのも事実なのではないでしょうか。
ギャンブル依存症の人たちは、一度ギャンブルに熱中してしまうことによって、周りのことが見えなくなります。お金があれば、全部お金を使い切り、キャッシングできる可能性があればキャッシングをしてまでも、ギャンブルに熱中してしまうことになります。もしキャッシングと言うものに限度額がなければ、とことんキャッシングしまくると言うことになります。

なぜ周りが見えなくなるのか

ギャンブルがただ損をすると言うことであれば、私達はギャンブルなどいくらでも途中でやめることができます。しかしギャンブルの特殊性と言えば、勝つ可能性があることです。負けがこみ勝つ時ほど嬉しいことはありません。そして一度勝てば、絶対に負けがこんでいてもいつか勝てると言う夢を今まで以上持つことになります。ギャンブルに対しての快感はどんどん膨らんで行くことになります。しかし、前回勝つことができれば、次には絶対に大きく負けると言うことの方が可能性は大きいのではないでしょうか。どんどんギャンブルの夢、刺激は膨らみ、ギャンブル依存症に、キャッシング依存症になって行くことになります。

まだ自分のお金だから救われている

まず自分のお金がキャッシュ手元にあると言うことでリアルな計算ができることになります。そして計算ができるからここでやめようというモチベーションも起こり、全部使ったとしても財布に入っているお金がなくなれば、ギャンブルは一度終了します。
しかしキャッシングディスペンサーが側にあれば・・・。もちろんそこに消費者金融の貸し出し可能な枠と言うものがありますが、実際にリアルにお金が見えないと言うことで、計画的判断を立てづらいというデメリットがあります。なかなかギャンブルに熱中している人たちの自己規制能力がうまく行かない為に、規制がかかったりします。ギャンブル営業自体自由に運営できない規制がありますし、キャッシュディスペンサーに対してでもです。
しかし試験的にパチンコ店でキャッシュディスペンサーをおくということがスタートしたと言われています。店の中にキャッシュディスペンサーをおくと言うことは間違いなく消費者金融は儲かることを意味します。経済的に活性化すると言うことではいいかもしれませんが、それは、ギャンブルでキャッシングをして返済できない人たちの確率を高めて行ってしまうことにはなるのではないでしょうか。しかし、それは、自己責任と言うことになるのでしょうか。

キャッシュディスペンサーが遠くにあれば・・・

キャッシュディスペンサーが遠くにあれば、そこでキャッシングをする訳ですから同じと言えば同じと言う人たちもいます。しかし近くにキャッシュディスペンサーがある、近くにないと言うことは大きな違いがあり、もしもキャッシュディスペンサーがパチンコ店の遠くにあるなら、そこまで出向き、冷たい風に晒されて反省するということがあります。反省をして、それでもギャンブルのためにキャッシングをすると言うのなら、規制でもって対処することは出来ません。ただし、目と鼻の先にキャッシュディスペンサーがあると言うことはやはり危険なことです。パチンコ店でキャッシュディスペンサーを中に置く意味、根底にあるものは果たして一体なんなのでしょうか。ギャンブルに熱中する人たち、それは、決して精神の強い人たちと言うことは出来ません。
人間ってもともとそれ程 強いものなんかではありません。でも消費者金融でキャッシングをして、ギャンブル景気が潤ったり、ショッピングして商品経済が活性化出来ると言うことは個人がどのような結果を招こうがメリットはメリットです。みなさんはどのような判断をするでしょうか。

キャッシング人気コンテンツランキング

お金のコラム じぶん銀行 みずほ銀行 ゆうちょ銀行 りそな銀行 アイフル アコム オリックス銀行 セブン銀行 ノーローン プロミス モビット レイク 三井住友銀行 三菱東京UFJ銀行 主婦・パート・派遣 体験談 即日 基礎知識 審査 少額借入 楽天銀行 浪費 銀行カードローン OLの借入体験 Q&A