1~3万円を借りたい!はじめての消費者金融選び

rez076

1万円借り入れというのなら、審査はすんなり通過する

消費者金融ではじめての人たちが極々低額で借り入れするのなら、収入の額など一応記載する場所がありますが、お客様が嘘を書いていたとしてそれ程重視することはないでしょうね。それ程慎重にならないでも消費者金融はすんなりお金を貸し出ししてくれることになります。ただし、ここにはしっかりした契約がありますので嘘をつくということは決していいことではありません。

はじめての人たちがお金を借り入れして、信用情報機関に記録が残ることになり、今後もしもお客様が何年か経ち更に何処かの会社で高額借り入れをしようと審査を受けた時に、信用情報機関の嘘が記載事項の違いとしてばれてしまうことになるかもしれません。低額であってもお客様は、消費者金融の審査に真摯に向かう必要があります。ただし、低額貸し出しの場合、消費者金融は収入、在籍年数など把握出来ないですし、自己申告に委ねられている事実はあります。

消費者金融では低額借り入れが正しい方法

そもそも消費者金融で500万円程度借り入れをして事業資金に充てようとする姿勢が間違っていると言えば間違いです。消費者金融でのキャッシングとは、一万円、五万円程度をシュッと借り入れをして、給料日前のピンチをしのぐ為にあります。私達には、いろいろ日々予期せぬ出来事があるではありませんか。日々私達は生活するということで消費は精一杯なのです。ここにお葬式など突然あれば、すぐにピンチとなってしまうことになります。
お葬式ということでなく、給料日前に、友だちに飲み会に誘われることもあるかもしれません。給料日前だから断るということも方法です。しかし、出会いのチャンスをここで逃がしたくないと思っている人たちも多くいるのではないでしょうか。
そうです、チャンスを掴む為に消費者金融でキャッシングして飲み会に出るというのも方法です。その為に消費者金融で1万円程度のキャッシングをします。そして大事なことは給料日前のピンチを乗り切ればすぐに返済するということです。消費者金融には利息を出来る限り支払いしないというモチベーションは大事なことです。1ヶ月待って、引き落としをかけるというのは愚かな方法なのではないでしょうか。キャッシングは、一日一日利息が増えていくと言うことをしっかり把握しなければなりません。

高額借入れをしたい場合は?

大手消費者金融は、500万円まで貸し出ししましょうというところが多いようです。それは、お金を借り入れしようと思っている人たちに嬉しいことではありますが、大体そのような消費者金融でそれ程までに高額借り入れする人たちが一体どの程度いるというのでしょうか。

500万円借り入れすることで、私達は利息を元金500万円に対して支払いをしなければならない訳ですが、一体どの程度払うのかしっかり計算をしなければなりません。消費者金融の場合、年率に幅があり、大抵の場合は一番高額貸し出しの場合は、一番低い金利で貸し出しをするケースがほとんどですが、それでも500万円を借り入れして、1ヶ月待ち引き落としをかけ、どの程度利息を毎月支払いしなければならないかしっかり把握するべきです。低金利というものの、こんなに利息にお金を支払いしなければならないかとちょっと反省することでしょう。

貸金業法の改正により総量規制の問題があり、年収の三分の一の額しか実際に消費者金融はお金を貸し出しすることは出来ません。1社での借り入れにおいて、500万円借り入れする為には、1500万円の収入が必要ということになります。このことから考えても、500万円の借り入れは現実的ではありません。実際にそのような額がどうしても必要だとても、消費者金融は簡単に高額を貸し出ししてくれるような場所ではありません。最初、消費者金融は低額でお金を貸し出しして、実際にしっかり返済してくれるかどうか審査をすると言います。そして、借り入れすることによって実績を作れば、どんどん限度額が上がっていくことも可能と言いますが、所詮は総量規制の枠に留まります。例え収入が600万円あったとしても、借り入れ先は一社オンリーでも200万円程度のキャッシングしかすることが出来ません。
1500万円収入があれば、500万円のキャッシングは大丈夫ですよと言いますが、1500万円の収入がある人たちが、消費者金融のキャッシングにお世話になる必要があるのでしょうか。

消費者金融の限度額って、絵に描いた餅のようなところがあるのではないでしょうか。誰にでも、気軽にお金を貸し出ししますよというものの、500万円を意識して、消費者金融に向かうこと自体に大きな間違いが存在しているようです。

消費者金融では高額借り入れすることによって審査が厳しくなる

まず実績を借り入れすることによって作りましょうと言っているのは本当です。はじめてキャッシングという人たちが、500万円とは言わず、100万円の額を借り入れするというのでもなかなか審査に通過しないでしょう。そして、100万円の額は、実績を積んだとしても、審査に時間がかかり面倒くさいものです。これも総量規制の問題で、50万円以上の借り入れの場合収入証明書が必要になり、他社との借り入れが100万円以上を超える場合も収入証明書が必要ということで、実際にどの程度収入を得ているのか慎重に審査をして貸し出しをするということになります。

消費者金融の厳格審査はいわば50万円以上からスタートするようです。実績のある人たちは審査には通過するかもしれませんが、それでも即日融資ということには行くはずありませんし、かつ収入証明書を揃えるということが面倒くさい作業です。はじめての人たちが、100万円借り入れすることによって、審査は通過せず、その後、他社で低額借り入れすることにしても、信用情報機関に以前審査に落ちたことが記録に残り、借り入れ出来ないと言うことが起こるようです。
最初から、はじめての人たちは、低額借り入れするというモチベーションに立つことが大事なことです。消費者金融にはいろいろ考え方があるかもしれませんが、そもそも低額借り入れする場所と割り切ることも大事なことなのではないでしょうか。

はじめての人たちには、30日間無利息も有効的

消費者金融では、最近30日間無利息というサービスを行っているところがあります。このようなサービスを提供しているところは、はじめての人たちを限定としているので、いつもいつもという訳ではありませんが(プロミスの場合、ポイントを貯めれば再度利用出来ます)はじめてキャッシングをするという人たちであれば、大いに使い勝手があるのではないでしょうか。キャッシングをして、給料日前のピンチをしのぎ、利息を全然支払いしないで、借り入れが出来ます。ただし、消費者金融の意図はキャッシングの魅力に味をしめてもらうことであり、ついつい慣れて、今後あまり利息のことを意識せず借り入れしてしまうということにならないように注意をしていただきたいと思いますが。
いかがでしょうか。キャッシングって、500万円借り入れとなれば、何か大きく意味が変わって行ってしまうものの、1万円借り入れというのなら、お財布代わりに使用出来て、大変使い勝手のあるものです。絶対にキャッシングしましょうということではありません。有効的な方法としてキャッシングもあるということです。

キャッシング人気コンテンツランキング

お金のコラム じぶん銀行 みずほ銀行 ゆうちょ銀行 りそな銀行 アイフル アコム オリックス銀行 セブン銀行 ノーローン プロミス モビット レイク 三井住友銀行 三菱東京UFJ銀行 主婦・パート・派遣 体験談 即日 基礎知識 審査 少額借入 楽天銀行 浪費 銀行カードローン OLの借入体験 Q&A