20~30万円を借りたい!はじめての消費者金融選び

さあ、消費者金融でキャッシングしましょう。しかし、消費者金融っていろいろあってどこで借り入れしていいか判らないという人たちも結構多くいらっしゃるのではないでしょうか。そして消費者金融とはどのような場所か判らないという人たちにもしっかりここでアドバイスが出来ればと思います。

rez079

キャッシングするということは利息を支払いしなければならないということであり、出来ればキャッシングしない方がいいということになりますが、それでもキャッシングは計画性もって利用することによって有効的に利用出来るはずです。キャッシングを使用しないということは突然の出来事には決行せず中止するということになってしまう訳ですから。キャッシングのない世界があれば、お金が貯まるまで待つしか方法はありません。その間にどのような出会いのチャンスが巡って来ても、そのパーティーには出席せず我慢していなければなりません。お金が都合ついたけど、その時はパーティーのない非常に循環性の悪いことになってしまう訳ですね。

消費者金融でキャッシングし過ぎるということはいいことではありませんが、私達の日常生活を循環性良くする為に消費者金融でのキャッシングって大いに力を発揮してくれるはずです。
しかしキャッシングは利息を支払いしなければならない為、出来る限り少ない額を借り入れするというモチベーションが大事なことになります。出来れば、1万円程度のお金を借り入れして、給料日が来れば、すぐに返済する姿勢が正しいのではないでしょうか。

でも20万円~30万円が必要な時もある

しかし、私達の日常生活では一体何がおこるか判らないです。突然、20万円~30万円という額のお金が必要な時もあるかもしれません。いろいろ事情があるでしょうが、まず消費者金融はそのような額ならお金を貸し出ししてくれる場所です。ただし、本当にそのような額が必要かということはもう一度しっかり自己に問いただしてください。

1万円と言う額なら、借り入れをしてすぐに一括返済が出来る額ですが、20万円~30万円という額となれば、話しは違い、リボルビング返済で延々と生活に組み込んでいかなければなりません。
リボルビングとは、毎月、指定した一定の金額を支払いする方法です。支払い回数が固定されてしまうことが分割払いである一方で、支払い額が固定されているのがリボルビングです。分割払いにメリットがある場合もあります。分割の回数が少ない程、月々の返済額は増えてしまうことになりますが、リボルビングよりも利息を抑え、早く返済が出来ます。

20万円というお金は簡単に借り入れ出来ない

以前の消費者金融なら簡単にこのような額を借り入れ出来たのかもしれませんが、以前と比較をすれば、間違いなく審査は難しくなったということもできます。消費者金融は貸金業法改正により総量規制が登場し、年収の3分の1までしか借り入れすることができなくなってしまった為です。もしも、20万円の借り入れするのなら、60万円の収入が必要ということになりますが、大抵多くの人たちが、60万円程度の収入ならクリア出来ているのではないでしょうか。総量規制が出来、借り入れは難しいというものの、この程度の額ならなんとかんなり借り入れ出来るといういいかたも正しいです。

ただし、この借り入れ額が50万円を超える場合、収入証明書が必要になりなかなか審査にもすんなり通過しないと言います。20万円~30万円だから、消費者金融のキャッシングが有効的に利用出来ると言えるのではないでしょうか。そして、もっと高額を借り入れしたい場合、総量規制の問題で引っかかってどうしても消費者金融での審査に通過しないというのなら、総量規制の関係がない銀行カードローンなどを頑張って目指してください。

カードローン・キャッシングには、貸金業法に従うところと銀行法に従うところがあり、総量規制に従わなければならないのは、貸金業法に従っていカードローン・キャッシングです。
消費者金融で、1万円程度のお金を借り入れするということに有効的意味があるというものの、実際に消費者金融から20万円~30万円程度の額を借り入れしている人たちが多くいるようです。計画性があれば、それもキャッシングの一つの方法であることは間違いありませんが、あれもしたい、これもしたいということで、キャッシングするスタイルに味をしめて、キャッシングは1万円程度するのが有効的と思っていた人たちが気付けば、20万円~30万円の借金となってしまうことがあります。やはりこれは用心しなければならない問題なのではないでしょうか。

リボルビングには種類がある

更にリボルビングの中には種類があり、 残高スライド方式、と定額式、定率方式を簡単に理解してください。
定額リボルビングには、元金定額リボルビングと、元利定額リボルビングがあり、元金定額リボルビングでは、一定額の元金+1ヶ月分の利息が支払い金額であり、元利定額リボルビングは元利定額リボルビングの一定額プラス毎月の利息という支払いより幾分楽に返済が可能になり、この方法では毎月一定額を支払いして行きます。

元金が減っていた時、また必要と思えば、プラスしてキャッシングをすることも可能です。しかしこのような使用をしているとキャッシングは延々と終わらないことになりますので、かなり注意が必要です。
消費者金融では残高スライド方式が採用されているケースが多いようです。
ただし、その中でも残高スライド定額方式と残高スライド定率方式の種類があり、それぞれに元利均等方式、元金均等方式があります。つまり残高スライド方式には四種類あるということです。

例えば、20万円程度のお金を借り入れして、最初は1万円の額で支払いしている訳ですが、(ここまでは定額リボルビングと同じ)しかし、ある程度額が減ることによって、月々の返済額が減って行きます。返済額が少なくなることに利用している人たちはメリットを感じるかもしれませんが、返済期間がのびることであり、利息を多く支払いしなければならないということを自覚する必要があります。残高スライド方式は、無理なく支払い出来るメリットはありますが、なかなか完済には至らないということがデメリットな為、お金が都合つく時は、少しでも早め返済することをおすすめします。

もう一つ定率リボルビングというものがあります。 その中に実際には元利定率リボルビング方式と、元金定率リボルビング方式があります。元利定率リボルビング方式 は、毎回の返済額は、借入残高に一定の割合(定率)を乗じた金額となります。アコムはこの支払い方法を採用しているようです。元金定率リボルビング方式 とは、借入残高に対して一定の定率を乗じた元金金額+借入残高に実質年率を乗じた利息を毎月返済して行くことになります。定率リボルビング方式は、残高スライド方式と似ている為、毎回の支払い額が少なくて都合がいいというものの、長引き支払う利息の額が増えるということも注意をしなければなりません。

定率リボルビング方式は、100万円を年率15.0%で借り入れした場合、3.0%の定率の場合、1000000×3%=30000で返済額は最初30000円です。月利は15.0%を12ヶ月で割り1.25% 、12500円が利息充当されて、元金充当は、17500円で次回は、借り入れ残高982500円に対して、3%がかかり、返済額は、29475円となります。 29475円に対して利息は、12,281円で、元金は17,194円です。

キャッシング人気コンテンツランキング

お金のコラム じぶん銀行 みずほ銀行 ゆうちょ銀行 りそな銀行 アイフル アコム オリックス銀行 セブン銀行 ノーローン プロミス モビット レイク 三井住友銀行 三菱東京UFJ銀行 主婦・パート・派遣 体験談 即日 基礎知識 審査 少額借入 楽天銀行 浪費 銀行カードローン OLの借入体験 Q&A