5~10万円を借りたい!はじめての消費者金融選び

rez077

はじめての人たちがお金を借り入れする

はじめキャッシングをする人たちに高額貸し出しなんてまず無理と理解するべきです。消費者金融は、まずどのような実績が存在しているのかと言うことを信用情報機関を参考にして判断します。借り入れ履歴のないまっさらな状態でキレイなのかもしれませんが、そのような人たちにどの程度の信用があるかどうかということが判断出来なくて、まずは一番低額貸し出しをして、テストすることになります。
はじめての人たちは、借り入れをして、しっかり遅れなく支払い続けて、高額借り入れしても、しっかり払い続けることが出来ると言うことをアピールしなければなりません。

はじめての人たちがお金を借り入れする時、せいぜい、5万円、10万円と言うのがいいレベルです。そして残念ながら、そのような低額借り入れをする場合、年率は一番高いものが設定されているので、そこの所も正しい判断をして、消費者金融を利用しましょう。

5万円、10万円のレベルであれば消費者金融は気楽に貸し出しをしてくれる

500万円と言うのなら、消費者金融は簡単にOKと言うことはありませんが、5万円、10万円なら消費者金融は、簡単にお金を貸し出してくれます。はじめての人たちが最初から500万円と希望することによって、審査にも全然通過しなくなってしまうので注意が必要です。そのような額を書くことによって、怪しい人たちと思われて、後から訂正しても審査に通過しなくなってしまう可能性もあるので注意をしましょう。
そして、この消費者金融で借り入れ出来なかったから、他の消費者金融でとインターネットで一生懸命複数のWeb申し込みをすることにも注意が必要です。信用情報機関にそのような記録が残り、消費者金融では情報を共有しあっているので、どの消費者金融で審査を受けても借り入れ出来ないと言うことになってしまう可能性があります。

5万円、10万円なら、パート、アルバイトの人たちも借り入れ出来る

消費者金融は安定収入と言います。サラリーマンで年収500万円と言う人たちに本当のことを言えば貸し出ししたいと思っているのでしょうが、そのような人たちはお金があるからキャッシングをそれ程するということもなく、消費者金融は顧客を確保する為に、パート、アルバイトと言う人たちに対してもお金を貸し出しするということになります。安定収入とは、パート、アルバイトでの経験も含まれて来ます。
ただし、そのような人たちに貸し出しされる額も5万円、10万円程度なのです。

消費者金融でのキャッシングは高額利用がベストな方法とは言えない

消費者金融でお金を借り入れしましょう。消費者金融は、限度額500万円という所もあります。ひょっとしたらあなたも限度額500万円の借り入れが可能ということになるのかもしれませんが、それ程高額借り入れすることに意味があるのでしょうか。

アコムは500万円であり、アイフルも、プロミスも、同じ額での貸し出しをしてくれ、モビットに至っては800万円です。アコムは、実質年率4.70%~18.00%、アイフルは、4.5%~18.0%、プロミスは、4.5%~17.8%で、モビットは、3.0%~18.00%です。
借り入れ実質年率に対して、なぜこのような幅があるのか不思議に思っている人もいるかもしれませんが、高額借り入れする程、金利は低く設定されるということであり、500万円借り入れした場合、おそらくアコムでは、4.70%という金利設定をしてくれることでしょう。
高額借り入れするということは、低額利息でいいというメリットがあります。
ただし、喜んでばかりいないで、どの程度利息を支払いしなければならないかということを実際に計算してみてください。
5000000×0.047÷365で一日に支払いしなければならない利息は、643円であり、1ヶ月それでも19315円の支払いをしなければなりません。ここで、利息って思ったより高いんだということを知ることが正しいキャッシング利用者の判断というべきなのではないでしょうか。

出来るだけ少額でお金を借り入れするモチベーションは消費者金融に向かう時、私達に必要なことになります。しかしそれ程高額のお金を借り入れしなければならない時があるかもしれません。その時こそ、最低金利で貸し出しをしてくれる訳ですから、大変有難いと感謝しなければならないですが、ただし、消費者金融って、そんなに簡単に高額貸し出しをしてくれる場所ではありません。

消費者金融には総量規制がある

そしてもう一つ注意をしなければならない点は、消費者金融には、貸金業法改正によって、総量規制の規制があると言うことです。総量規制とは 個人の借入総額が、原則では年収等の3分の1までに制限される仕組みを 言います。300万円程度の年収しかない人たちは、せいぜい、100万円程度の借り入れをしかすることが出来ない為、500万円借り入れなんて夢のまた夢ということになります。もしも500万円借り入れするなら、1500万円の収入が必要です。そして、そのような額の借り入れをする場合、実際に収入の額を証明する為に収入証明書などが必要になって来て、審査というものが非常に厳しくなると言う事実があります。
総量規制の問題では、借り入れする人たちが誰も、収入証明書が必要と思っているので、ちょっと注意していただきたいと思いますが、消費者金融で50万円以下、更に他社との借り入れが100万円以下なら、おおかた収入証明書を必要とすることはありません。ここの額に大きな境界線が存在しているということも私達は、借り入れする上で知るべきでしょう。5万円と言わず、せいぜい40万円程度の借り入れ額に留めるのが、極々普通の人たちの消費者金融の利用のスタイルと言えます。

5万円、10万円借り入れした時の金利もしっかり意識する

5万円、10万円という額だから、気楽に借り入れ出来ると言うのも事実かもしれませんが、その時消費者金融は一番高い金利を設定してくるということで、よりシビアになる必要もあります。
ふーん、利息というものがつくのか、ということではなくて、どの程度の利息を支払いしなければならないかということを具体的に計算していただきたいと思います。
プロミスは、4.5%~17.8%なので、17.8%の金利で借り入れすることになります。50000円借り入れした場合、50000×0.178÷365で24円の支払いをしなければなりません。
1ヶ月で731円程度です。利息を支払いしなければならないというものの、多くの人たちが借金をさせてもらっているのにこの程度の利息ならと考えるのではないでしょうか。確かにこの程度の額なら、金利によって生活が圧迫するという感じではありません。

消費者金融でいくら程度借り入れするかということはとても大事なことです。そして、必要な額をしっかり決めて、必要でないお金をキャッシングしないというモチベーションも大事です。5万円必要というのに、10万円と言う額でキャッシングする人たちが多いようです。何か思わぬお金が入ったことによって、うきうきしてしまう気持ちも判らないではありませんが、消費者金融でのリスクのあるお金の使い方と言えないことはありません。
8万円必要ということになれば、絶対に10万円借り入れと言うことになると思いませんか?その差額の2万円に対してもしっかり金利は設定されています。必要だからキャッシングをするという姿勢を決して崩すべきではありません。

キャッシング人気コンテンツランキング

お金のコラム じぶん銀行 みずほ銀行 ゆうちょ銀行 りそな銀行 アイフル アコム オリックス銀行 セブン銀行 ノーローン プロミス モビット レイク 三井住友銀行 三菱東京UFJ銀行 主婦・パート・派遣 体験談 即日 基礎知識 審査 少額借入 楽天銀行 浪費 銀行カードローン OLの借入体験 Q&A