個人事業主でも大丈夫!?事業資金でキャッシングはできるのか?

rez015

総量規制の例外

総量規制では個人の借入総額が年収の3分の1までに制限されてしまうことになりますが、私達は総量規制の例外と言うものが数点あることを知るべきでしょう。まずみなさん既にご承知のように銀行のカードローンは貸金業法が関係なく、銀行法によって運営されているので無関係と言えます。銀行の住宅ローン、車のローンなど担保のあるローンも総量規制の対象外となります。不動産の売却代金で返済をおこなうローンでも、 生活の困窮を招かないものであれば総量規制対象外です。

おまとめローンと言う名前を良く聞くこともあると思いますが、おまとめローンも総量規制対象外ゆえ、消費者金融が積極的に取り組む業務の一つなのです。 個人事業を行っている人たちに対しての貸し出しも運転資金として実際に使用されること、開業資金に使用されることが確実な場合、1ヶ月以内のつなぎ融資としてならば総量規制対象外となります。それは個人のキャッシングだけでも、考え方は法人のローンと似たような対応になります。

個人事業の人たちには総量規制の問題は関係なし?

実際に2010年6月18日から施行され総量規制の問題は、個人事業の人たちに対しても対象にするべきだと言う意見も持ち上がっていたのです。しかし、困窮している個人事業の人たちに、そのような総量規制の規制をかけてしまうことによって倒産してしまうケースが圧倒的に増加してしまうことを社会的に懸念したいうことになります。日本の零細企業を含め、そのようなかなり体力を失っている多くの事業者が存在します。そして個人事業の人たちが気楽な感じで銀行から融資を受けることが出来るかといえば、それがまた疑わしいのです。
実際に個人としてキャッシングを数社からして、運営に当て込んでいるという実体も稀ではありません。 しかしそのような人たちは総量規制の大きなとばっちりを受けてしまうことにもなってしまいました。
何処かではしっかりそのような弱い個人事業の人たちを守ってあげなければならない姿勢と言うものがあり、それが総量規制の例外にすることです。

個人事業の人たちは年収に個人事業者の事業所を含めていいことになり、個人の人たちの総量規制の規制よりも例外的に多くのお金を借り入れ出来ることになりました。
細かく言えばなかなか個人事業の人たちに対しての貸し出しは複雑なものですが、簡単に言えば 総量規制も適用され、例外もあり、100万円以上のものに対して、 事業計画、収支計画、資金計画と言った書類の提出によって例外が成立することになります。100万円を超えないものであれば簡略化されて、 事業の状況、収支の状況及び資金繰りの状況と言った書類オンリーで貸し出し可能となります。実際に個人事業の人たちが期待出来るお金を借り入れ出来るか否かは消費者金融の判断・審査に任されていると言うことが言えます。

総量規制によって苦しむ消費者金融

消費者金融は貸金業法改正による総量規制の問題でかなり苦悩していると言えばそのような言い方も正解であり、思うように貸し出し業務を行うことが出来なくなってしまったのも事実です。総量規制では個人の借入総額が年収の3分の1までに制限されてしまうことになり、実際に収入が何千万円もある人たちには、高額の貸し出しを出来る訳ですが、そのような人たちば果たしてキャッシングを欲しているでしょうか。総量規制によって消費者金融が貸し出ししたい人たちに貸し出しすること、借り入れしたいと思っている人たちが借り入れすることが出来なくなってしまったのです。
消費者金融が本来潤っていのは、本当のことを言えば総量規制によって規制されていた部分なのです。しかしもしも総量規制の規制が入らないとしても、消費者金融はそのようなちょっとリスクのある人たちにお金を貸し出ししても、今までであれば高利息、厳しい督促行為によって、回収出来ないリスクを補填していた訳ですから、現在消費者金融では一切そのようなことが出来ず、自由に貸し出し出来ないことには変わりはありません。消費者金融が規制を受けているのは総量規制の問題だけでなく、厳しい督促行為もであり、グレーゾーン撤廃による高金利で貸し出しをすることに対してもです。

キャッシング人気コンテンツランキング

お金のコラム じぶん銀行 みずほ銀行 ゆうちょ銀行 りそな銀行 アイフル アコム オリックス銀行 セブン銀行 ノーローン プロミス モビット レイク 三井住友銀行 三菱東京UFJ銀行 主婦・パート・派遣 体験談 即日 基礎知識 審査 少額借入 楽天銀行 浪費 銀行カードローン OLの借入体験 Q&A