専業主婦の借り入れは厳しい!?レディースキャッシングは専業主婦の救世主?

rez069

専業主婦の人たちが消費者金融で借り入れをしたいと思っても、なかなか思うようにならないという事態が起こっているようです。
専業主婦と言う人たちがどのような人たちかと言えば、一生懸命家庭で夫の、子供さんのために労働している人たちと言うことは出来ますが、社会的に労働に出て稼いでいると言うことをしている訳ではありません。もちろん社会的に労働をして賃金を得ている人たちは夫の方です。

専業主婦の人たちは無職扱いにされる

言い方があまりよろしくないかもしれませんが、専業主婦の人たちは無職という扱いになるのです。消費者金融では、審査と言うものがあり、男性のみなさんが失業などした時スムーズにお金を貸し出ししてくれると言うことはありません。なぜ、無職の人に消費者金融は厳しいのかと言えば、無論、仕事をしていない人たちは、借り入れして計画的に返済が出来る糧が存在しないことになります。
しかし消費者金融の立場からすれば、そのような人たちに積極的に貸し出しをしたいモードでもあります。消費者金融は、そのような人たちにお金を貸し出しをして今までは潤ってきた敬意もあり、かつそのような人たちが一番借り入れをして感謝をしていたはずです。今までの消費者金融のあり方なら、厳しい督促行為のノウハウ、高金利設定と言うことで、無職の人たちに貸し出ししても、回収出来ないリスクを補填する方法など悠々と見付けることが出来ました。

消費者金融は、無職の人たちに厳しい督促行為が出来ない

まず、今までして来たような厳しい督促行為と言うものが、法律が改正されて出来ないようになりました。そしてグレーゾーン撤廃によって、高金利で貸し出しを行うことも出来なくなり、しっかり審査をして、確実に返済が出来る人たちにしか貸し出しが出来ないような企業体質になってしまったことになります。
そしてもう一つ大きな要因は、貸金業法改正により出来た総量規制です。総量規制の規制が出来て300万円の年収の人たちが、100万円以上の借り入れを他者も含めて出来なくなり、そのような人たちに貸し出しをすれば法的に裁かれるようになりました。 それで専業主婦と言う無職な人たちがどうかと言えば、収入のない人たちなので言うまでにも至らないことになります。

専業主婦の人たちは、借り入れする方法が閉ざされてしまったのか?

しかし、専業主婦だって、今まで借り入れ出来ていた人たちもいた訳ですし、キャッシングしたいと言う時はあります。大体、専業主婦という職業ほど辛い仕事はなく、ストレスなど内部に溜めてしまうものです。キャッシングをして、ショッピング、グルメにいそしむと言うことが唯一のストレスの解消の方法だったと言う人たちもいます。

レディースローンなら借り入れ出来る?

専業主婦が借り入れ出来ないことによって闇金業者に手を出すケースが社会的に問題になった頃、同時に話題になったものがレディースローンです。レディースローンは、借り入れ出来ない専業主婦の人たちを救ってくれたと思っている人たちもかなり多くいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、レディースローンと言うのはそのようなものではないようです。後々、そのことについてお話ししましょう。

配偶者貸付と言う例外がある

その前にお話ししなければならないことは、配偶者貸付という例外です。それは、専業主婦の人たちが無職であり実際に借り入れをすることが出来ない立場であっても、夫婦は一心同体と言うことであり、夫と妻を足した収入が、総量規制の範囲内であるなら貸し出ししても大丈夫ですよという制度です。実際にこの配偶者貸付という規則によって、専業主婦の人たちは救われたはずです。

消費者金融は配偶者貸付で貸し出ししてくれない

しかし専業主婦のみなさんが実際に配偶者貸付という制度で貸し出しをしてもらうため、夫の同意書、夫の収入証明書などが必要になり内緒で今まで借り入れしていた人たちが、そのままスムーズに借り入れと言うことには行かなくなりました。そもそも夫の同意のもとと言うのではあれば、夫の名義でお金を借り入れすればいいだけの話しなのではないでしょうか。そして消費者金融がいざ配偶者貸付という制度により借り入れを受けようと思っても、手間が面倒くさいと言うことで大手の消費者金融は口を揃えて専業主婦の人たちに貸し出しをしないと言います。
そこで登場するのはレディースローンという救世主のはずです。

レディースローンは救世主ではありません

レディースローンで、専業主婦のみなさんが借り入れをしようとする時、ほとんどのレディースローンでは、きっとNOと言います。レディースローンだって同じような感じで審査に通過することはありません。レディースローンって、だったら一体なんのために存在しているのでしょうか。

レディースローンは働く女性の為のキャッシングだったのです。私達の現代社会は、女性も社会に進出する時代となり、女性のみなさんも男性同等にお金が当然必要となる時があります。女性のみなさんも飲み会などコミュニケーションのためのお金が今以上必要になります。しかし女性のみなさんにとって消費者金融のイメージと言えば、サラリーマン金融のイメージであり、男性社会のイメージが強く、敷居が高くて、なかなかな積極的にお金を貸して欲しいと言うことが出来なかったのです。電話をかければ、男性のごつい声が響くようでは、したい質問もなかなか出来ないのではないでしょうか。だから、ここに現代社会においてレディースローンと言うものが存在し、電話をかければ、必ず女性の優しい声が響き、何でも女性のみなさんは質問をすることが出来ます。そしてレディースローンでは女性のみなさんだけにいろいろ魅力的なキャンペーンも行ってくれたりします。もう一度いいますが、レディースローンは、仕事をしている女性に優しいキャッシングだったのです。

しかし専業主婦に貸し出しをしてくれるレディースローンもある

しかしよくよくインターネットでチェックをすることによって、専業主婦の人たちにも貸し出しをしてくれるレディースローンと言うものを見付けることが出来ます。専業主婦に貸し出しをするレディースローンと、一体どのように見分けて行くことが出来るのでしょうか。大事なポイントは、銀行法か、貸金業法と言う問題です。

銀行法のカードローンを選ぶ

レディースローンの中には、貸金業法でなく、銀行法に従い運営を行っている所があります。つまりそのような場所を銀行カードローンと言います。銀行カードローンが運営を行っているレディースローンなら、専業主婦の人たちも借り入れが可能です。銀行法で運営している場合、総量規制という問題と無関係です。

本当に消費者金融で専業主婦は借り入れ出来ないか

貸金業法による消費者金融の場合、銀行系カードローンも貸金業法に従っているため、専業主婦の人たちが借り入れしようと思っても、現状無理と言うことです。貸金業法に従うレディースローンは、専業主婦の人たちに非常に冷たい存在です。
ただし専業主婦のみなさんが絶対に借り入れ出来ないと言うことではなく、ちょっとでもパートでもするモチベーションがあれば、簡単に消費者金融のような場所からも借り入れ出来るようになります。そして働く女性に優しいレディースローンも、きっと優しく迎え入れてくれることでしょう。

キャッシング人気コンテンツランキング

お金のコラム じぶん銀行 みずほ銀行 ゆうちょ銀行 りそな銀行 アイフル アコム オリックス銀行 セブン銀行 ノーローン プロミス モビット レイク 三井住友銀行 三菱東京UFJ銀行 主婦・パート・派遣 体験談 即日 基礎知識 審査 少額借入 楽天銀行 浪費 銀行カードローン OLの借入体験 Q&A