専業主婦がお金を借りる方法はある?消費者金融の現状を詳しく知ろう!

rez074

消費者金融のキャッシングでは異変が起こりました。それは、貸金業法改正による総量規制の規制です。総量規制とは、個人の借入総額が年収の3分の1までに制限される仕組みを言います。つまり、300万円借り入れがある人たちは、100万円までしか借り入れを行うことが出来ません。他の消費者金融で既に借り入れていることは、信用情報機関で情報を共有しあっているので、もう既に複数借り入れしている人たちなどは、新規に申し込みしてもほとんど無理な状態です。そして総量規制の支障は、サラリーマンだけでなく、間違いなく専業主婦の人たちにも来たことになります。

専業主婦が消費者金融から借り入れ出来ない?

専業主婦の人たちは、旦那をしっかりサポートしている立場であり、家事という仕事を一生懸命している人たちではありますが、そのようなことが世間的に通用しても、消費者金融の総量規制の視点から見れば、無職は無職です。無職の人たちに対して消費者金融は貸し出しを行うことが出来なくなってしまったのです。

配偶者貸付という特別措置

しかし専業主婦は本当に無職かと言えば、専業主婦の人たちを無職としてしまうなら専業主婦が、専業主婦であることをやめ、仕事に専念することにもなりかねないため、社会の秩序を根幹より揺るがすことにもなります。総量規制も専業主婦の人たちを配慮していない訳ではありません。それが配偶者貸付と言う方法です。配偶者貸付とは、夫と妻と足した収入で、総量規制の範囲でなら借り入れを行うことが出来る措置です。夫に300万円収入があれば、夫に借金がないのなら、専業主婦の人たちが、100万円まで借り入れが出来ます。
しかし夫の同意書、夫の収入証明書が必要になり、専業主婦が内緒で借り入れすることがなかなか難しい状態になってしまったのです。

実際に消費者金融は配偶者貸付をしていない

大手消費者金融に専業主婦の人たちが借り入れ出来るか聞いた所、配偶者貸付というシステムがあると言うのに、貸し出しをしないと言う所がほとんどのようです。つまり配偶者貸付というシステムは存在するものの、消費者金融が専業主婦を特別扱いにすることによって、手間がかかり、やめてしまったと言うことのようです。

専業主婦は内緒で借り入れしたい

専業主婦にとっても内緒で借り入れすることに意味があり、配偶者貸付というシステムはあっても意味がないと言う人たちもいます。専業主婦にだって、夫に内緒でお金が必要な時があります。
夫と妻の関係は二人三脚であり、夫と妻は常にガラス張りの関係であると思ったらそれは大きな間違いです。浮気とは言いませんが、お母さん同士で、お昼に内緒でランチにお金をかけたいと言う時もあるでしょう。お母さんは、日々家に閉じこもり大変ストレスを溜めています。お金を使うことはストレス解消の方法の一つです。それが総量規制の問題で出来なくなってしまったと言うことで、借り入れをするために、専業主婦の人たちは、ヤミ金業者に手を出すと言う事態になり、社会的にも問題になった時期がありました。

ヤミ金業者でもいいのか!?

ヤミ金業者でもお金を借り入れ出来るならOKと言う人たちがいます。果たしてそれは正しいのでしょうか。ヤミ金業者と言うもの、最近はとてもソフトになって、とても紳士的ふるまいになって来たと言います。まだ支払い困難と判れば豹変するヤミ金業者も存在するかもしれませんが、今警察の監視も強いので、なかなか厳しい督促行為を続ける業者も少なくなったとは言います。
ただし、それでもじわりじわりと精神的にダメージを受ける方法で督促行為を続ける可能性もありますし、それは登録していない正規でない業者なので、なんでも出来ると言うことになります。
ヤミ金業者はそれ程高金利で貸し出しすると言う感じでないから、普通の登録のある消費者金融と間違えてしまう可能性もあります。
かつて消費者金融にはグレーゾーンと言うものがあり、グレーゾーンの範囲なら、高金利の貸し出しが暗黙で許されていたのです。しかし、今、グレーゾーンは撤廃されて、高金利のお金を貸し出ししません。以前の大手消費者金融は普通の顔をして28.8%などと言う金利で貸し出しを行うことが出来ていたのです。今ヤミ金業者が28.8%でいいと言えばどうでしょうか。気付かず借り入れをする人たちもいるでしょうし、昔消費者金融もこの程度の金利で貸し出しをしていたからと言うことで、それ程高金利と言う感じもせず、気楽に借り入れを行ってしまうかもしれません。しかし今、28.8%は間違いなく違法金利であることを知ってください。今時グレーゾーンで貸し出しをする業者こそ、ヤミ金業者です。

レディースローンは・・・

そのような時、レディースローンと言うものが登場し、ひょっとしたらレディースローンとは、専業主婦のためのカードローンと思っている人たちも多くいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、残念ながらレディースローンはそのような存在ではありません。レディースローンで申し込みをした場合、ほとんどのケースでは専業主婦は審査に通らないでしょう。
レディースローンは、実際には女性のためのカードローンです。しかし、OLなど働く女性の為のローンであり、今まで、サラリーマン金融などと揶揄されて、なかなか女性の人たちがカードローンに向きあうと言うことが出来ない時代が続いていました。しかし段々と女性の人たちも社会進出する時代を向かえ男性同等にキャッシングをしたいという人たちが増えてきたと言うものの、まだまだ消費者金融は敷居が高く、店舗のドアの前で躊躇している人たちが多くいるでしょう。
レディースローンは、そのような人たちに女性の社員が優しく対応してくれます。電話をかけても女性のオペレーターが親切にいろいろアドバイスを提供してくれます。
ただし、ほとんどのレディースローンは貸金業法に基づき運営を行っているため、総量規制の問題は依然従う必要があり、専業主婦の人たちは借り入れすることが出来ません。

総量規制がネックになっている

兎に角総量規制と言う問題があり、レディースローンでも専業主婦が借り入れ出来ないと言うことです。つまり貸金業法の総量規制が関係のないカードローンを選択すればまだまだ専業主婦でも借り入れ出来る業者を見付けることが出来るかもしれません。
実際にそうなのです。レディースローンは、実際にが全部専業主婦に冷たいと言うことではなく、専業主婦が借り入れ出来るケースもあります。それは、貸金業法ではなく、銀行法によって運営しているカードローンを利用することです。カードローンには、貸金業法にしたがって運営を行っている所と、銀行法に従って運営している二種類があると言うことを知ってください。

まずは仕事をしましょう

専業主婦は無職だから借り入れをすることが出来ないのです。それから脱却する方法は、実際に仕事を持つと言うことです。消費者金融は、仕事をしている人たちには気軽な感じで貸し出しをします。消費者金融は安定収入と言います。
みなさんは、安定収入のことを正規雇用と捉えてしまうのかもしれませんが、実際に消費者金融が言っている安定収入とは、正規雇用のことではなく、専業主婦のみなさんが気軽な感じでパートをスタートしても、それ程高額は期待出来ませんが、スムーズに審査に通過するようになります。

キャッシング人気コンテンツランキング

お金のコラム じぶん銀行 みずほ銀行 ゆうちょ銀行 りそな銀行 アイフル アコム オリックス銀行 セブン銀行 ノーローン プロミス モビット レイク 三井住友銀行 三菱東京UFJ銀行 主婦・パート・派遣 体験談 即日 基礎知識 審査 少額借入 楽天銀行 浪費 銀行カードローン OLの借入体験 Q&A