知っておきたい消費者金融からの督促電話について!返済遅れには注意!!

rez063

消費者金融って案外電話がかかってくるという思いをしてる人たちもひょっとしたら多いのかもしれません。

消費者金融は積極的に電話をしている

消費者金融は、審査のときに在籍確認をするために電話をかけて来ます。Webで申し込みなど行う人たちは、全部Webで終了出来ると言う画期的な方法を考えるかもしれませんが、何かと確認するためには電話という手段を有効的に採用して行きます。申し込みフォームでちょっと間違い、不信な点などあればみなさんの携帯電話がすぐになることになります。
そして消費者金融は、ある程度債務者の方々が信用を積むことによって、増額をしませんかと、債務者が求めていないのにかかってくる場合があります。消費者金融は、貸し出しするに値すると判った人たちに対しては積極的に借り入れして欲しいことをセールスアピールして行きます。最初からそれが判ればいいですが、借り入れしてしっかり返済を行い実績がそこに生まれることになり、そのような人たちに対して積極的に増額しませんかと言うことを電話して来ます。

消費者金融の電話はそれだけではない

そして消費者金融が行う電話は、もちろんそれだけではなく、借り入れをして支払い出来ない人たちに対して、積極的に督促行為として電話をかけて来ます。昔のように消費者金融は厳しい督促行為は減ったと言うものの、延滞している人たちに対して、未だ電話で督促行為を行うことには間違いがあります。
そのような電話が嫌だと言う人たちも最善策は、支払いに遅れないことであり、もしも遅れるようなことがあれば自らが積極的に消費者金融に電話をかけることなのではないでしょうか。消費者金融は、すぐに支払いをさせることは難しいのかもしれませんが、しっかり電話連絡で繋ぐと言うことを重要視しています。電話で連絡がつかないと言うことは、行方不明も同然だからです。消費者金融は、行方不明かもしれない債務者をそのまま電話がかかって来るまで待ち続けることが出来るかと言えば決してそうではなく、住民票を請求したり、訪問することもあり、近隣調査も必要になり、実家に連絡することもあり、やはり手間が大いにかかってしまうことなのです。
もしも電話に出て、お金の都合がついていないと言うことでも、消費者金融には、電話で繋がれていれば待つと言う姿勢を取ることが出来ます。
消費者金融は、「○○日まで頑張って努力をしてまた電話をいただけないでしょうか」、というでしょう。これが繋ぐと言う意味です。

消費者金融はどのくらい電話をしてくるのか?

そもそもお金を都合つければ問題はありません。そして都合つかないでも返電と言う意味で繋がっていれば電話を敢えて消費者金融側からかける必要はありません。
ただし実際にはなかなか理想通り行かないのも債務者であり、消費者金融では、債務者に電話をするためにオペレーションセンターなど抱えています。そのような場所で消費者金融の社員が債務者に電話をすると言うことではなく、極々初期の延滞者に対しては派遣で雇われた人たちがソフトな感じ督促行為を行って行きます。
昔のことを言えば、電話回数に制限などなかったというのが正解であり、電話をかけていい時間と言うものに決まりはありますが、なかなか連絡がつかない債務者に対して、時間外に電話をかけることもありました。
本人とコンタクトをとり、今支払いの話しは出来ないから明日必ず電話を下さいと言います。良心的な消費者金融は、支払いのためでなく、相談を受けるために電話をかけたと言ういいわけをします。督促行為以外の電話なら時間外にかけてもいいという身勝手な解釈が起こっていたようです。

現状消費者金融の電話は

消費者金融の督促行為は、オペレーションセンターのシステムによって自動的に制限されており、連絡がつかない場合でも、自宅・携帯に三回程度しかかけることが現在出来ません。そして、何日かたち、自宅・携帯で全然連絡がつかなかった場合に、会社に電話をすることもOKとはされていますが、そのとき決して会社名で電話をかけることはNOとされています
正直に言えば消費者金融は、自宅に電話をして、会社にも同じ人たちが電話を行う為、自宅にかけているつもりで会社に電話をかけてしまうと言うことも軽いミスとして起こりうることですが、その間違いによって、営業停止になってしまった消費者金融が過去にあったと言うことを深刻に捉えていかなければなりません。今、消費者金融は自宅に電話があると言うのは間違いなく事実ですが、大きく変化していることも知る必要があります。

電話で消費者金融が注意しなければならないこと

まず、いろいろ消費者金融では注意をしなければならないことがあり、しっかり本人確認を行わなければならないことです。
「田中一郎様いらっしゃいますか?」
「はい」
「田中一郎様ご本人様ですか」
「はい私です」これが一番正しい本人確認の方法です。

「田中一郎さんいらっしゃいますか?」
「はい・・」これだけでは本人確認をしたことにはなりません。

今難しい問題は携帯電話です。携帯は、もともとお客様も本人しか出ないものと解釈をしています。したがっていちいち田中一郎様の携帯でしょうか。 田中一郎様ご本人様でいらっしゃいますか?と聞けば、当たり前じゃないかと怒る人たちもいます。そして、本人を確認する前に、お客様の方から、なんだ先に要件を言えと言うことでトラブルになることも大変多くなって来ています。フランクに電話督促行為が行うことが出来なくなったことでとても督促行為に不自由さを感じると言う人たちも多くいます。
携帯に誰か電話に出ていきなりオペレーターが田中一郎様ご本人様ですねとは言ってはいけないのです。ですねと言う言い方は相手を誘う言い方であり、そのとき必ず「ですか?」と質問をしなければなりません。
そして次に、「今お話ししても大丈夫でしょうか」と言う確認をしなければなりませんが、お客様には、やはりイライラして、早く要件を言えと怒る人たちもいます。今、運転している人たちに対して、電話で交渉は絶対に行うことは出来ませんし、入院している人たちにも交渉を行うことが出来ません。そのためにしっかり話しが出来るか否かと言うことを本人に確認しなければなりません。そのとき、債務者は交渉から逃げるために嘘をつくこともあるかもしれません。そしてなかなか話しが出来ない債務者であっても消費者金融は一度電話を切らなければならないのです。

代払いに対して厳しい

そして、自宅に電話をすれば、多くの場合両親などが出てくることになり、親がどのような件で電話をして来たのかしつこく聞くと言うケースもあります。昔なら代払いOKとは言いませんが、暗黙の了解と言うものも成立ていたような所はあります。親から申し出て支払いをしたというケースにし、親に代払いをほぼ強要していたこともあったかもしれません。しかし親と言えども第三者であり、消費者金融は保証人をたてている訳でもありませんし、誰にも代払い請求出来る権利はないと言うことを知らなければ駄目です。
今は、消費者金融から何ら具体的データを親に提供することは出来ません。親が申し出て、いくら請求ですか?と質問されたとき、本当に消費者金融の人たちは困ってしまっていたのです。本当の親の申し出があってもすんなり受け止めることが出来ませんでした。それが強要と金融庁に誤解されないために最善の努力をしなければなりません。
黙ってやれば判らないと言う世界ではなく、オペレーションセンターのシステムによって、全部会話は録音されて日々専門部署によってチェックされているのです。

キャッシング人気コンテンツランキング

お金のコラム じぶん銀行 みずほ銀行 ゆうちょ銀行 りそな銀行 アイフル アコム オリックス銀行 セブン銀行 ノーローン プロミス モビット レイク 三井住友銀行 三菱東京UFJ銀行 主婦・パート・派遣 体験談 即日 基礎知識 審査 少額借入 楽天銀行 浪費 銀行カードローン OLの借入体験 Q&A