悪質な取り立ては止められる!困った取り立てへはこの対処法が有効!

rez060

消費者金融は以前の消費者金融ではありません。実際に消費者金融で借り入れをして延滞をする人たちがいます。そのような人たちは正統化出来ず、支払いしない人たちが悪いことは悪いです。しかし支払い出来ない人たちには支払いが出来ない事情と言うものがあり、法律の見地で言えば、しっかり債務者を守ってくれているとも言えます。私達の頭にも、債務者が遅れたのだから、督促行為を受けて仕方ないというイメージは多少まだ残っているでしょう。そのような観念こそ、今まで消費者金融の厳しい督促行為を許していたことになります。
厳しい督促行為は、精神的にダメージを与えることであり、そのような行為を、支払いを遅れている債務者に対しても決してするべきではありません。債務者の人権もしっかり守られていかなければなりません。あまりに以前の消費者金融の督促行為はひどかったと言えます。

貸金業規制法、改正で変わったこと

貸金業法の以前の名前が貸金業規制法です。2003年に、規制を強化した改正法通称「ヤミ金融対策法」が成立しました。この法律改正により消費者金融は暴力的態度を取ることが一切不可能になりました。
怒鳴ったり、乱暴な言葉を使うこともです。複数で自宅に押し掛けると言うこともNOです。電話も午後9時から午前8時までは決してかけることが出来ません。繰り返して電話をかけると言うことが現在ではNOなのです。昔なら、一度電話を切り、不意打ちをかけるつもりで二度連続してかけると言うこともあったようです。それも債務者に対して威圧感を与えることになります。
そして借り入れをしている個人のプライバシーを他人に触れさせるようなことがあってはないらないです。以前なら勤務先に訪問するということもありましたが、それも現在はNOです。なかなか捕まえることが出来ない債務者を捕まえる方法がそこにあったとしても、消費者金融はそのような手段を取ることは出来ません。
そして債務者から現在、弁護士に相談をていますからと言う言葉を聞けば消費者金融はそのまま交渉を続けることは出来ません。交渉は中断され、弁護士を通して会話をしていかなければなりません。そして代払い交渉と言うものも、以前の消費者金融では当たり前に行われていたことですが、第三者の支払い義務のない人たちに、督促行為を行うことは一切出来ません。親と言えども、連帯保証人をつけている訳でもありませんし、第三者です。

督促行為に困ったら・・・

督促行為に困ったら、極々簡単な話しは、上司に代わってください、と言うのがベストな方法です。その厳しい督促行為は明らかであり、会社で禁止されていることであり、上司もそのような単独プレイを起こす部下を決して守ることはありません。昔なら上司が代わり、返済しないあなたが悪いんじゃありませんか・・・と言う擁護にもなったのですが、上司は、部下の行為を厳しく罰するでしょう。単独プレイの可能性があるので、消費者金融の他の人たちに知らしめることが効果的な方法です。 まずはこんな簡単な方法で消費者金融からの厳しい督促行為から逃れることが出来るかもしれません。

しつこい電話が鳴り続ければ・・・

電話に出れないと言うのも債務者のみなさんの心情です。電話に出ず、放置しておけば、電話は鳴り続けるばかりです。電話の音がかえって債務者の威圧感にどんどんなって行くのです。
しかし、是非、消費者金融からかかって来た電話に出てください。消費者金融は今、電話に出て、「金を返せ、馬鹿野郎!」と言うことにはなりません。まず相談に乗ってくれる消費者金融に変わったと理解してください。
消費者金融は、その債務者が行方不明になることを警戒しているのです。消費者金融は、すぐに返済してもらうというモチベーションではなくしっかり待つ余裕と言うものが存在します。努力をしていついつまで電話をいただけませんか、と言う話しになるでしょう。繋ぐと言うことがとても大事なことであり、債務者と話しが出来るから、行方不明者ではないから安心して対処出来ます。行方不明の場合、いろいろ調査をしなければならないことが出てきます。電話に出ないと言うことはほぼ行方不明と同じです。
電話に出れば、1ヶ月分都合つきませんか、または利息だけ支払い出来ませんかなど、いろいろ相談に乗ってくれます。
待つ優しさはきっと債務者に伝わるはずです。弁護士に相談しているから、悪いと思って消費者金融の電話に出ないと言う債務者もいます。そして弁護士から電話に出るなと指示を受けている可能性もあるかもしれませんが、一言、電話に出て、弁護士に相談してますと言うことを消費者金融に伝えてあげてください。弁護士対応は時間がかかり、その間、消費者金融はどのような状態か全然把握出来ていないのです。連絡がつかないことで行方不明と思われ、いろいろ調査をしなければならないことが出てきてしまいます。
そして、厳しい督促行為が消費者金融から行われた場合、弁護士、司法書士に相談すると言うのも方法です。ただし、債務者は、自分が悪いと言うことも判っているので、かなかそのような問題で弁護士に相談すると言うのも腰が重いこともあるようです。
一番の方法はやはり債務者がお金を都合つけるように努力をすることです。せめて利息分だけでも都合をつけて、もう少し待って下さいと、誠意を見せて相談してください。
消費者金融は、破産されることを一番警戒しているので、その前に利息をカットしても、元金のみ回収したいと思います。そのために新しい契約をすると言う方法も残されています。ほとんど元金オンリーを支払い易い額で分割割りする方法です。非常に支払い易い方法ですが、複数債務を持っている人たちは、一社だけ再契約をして、なんら生活が楽にならないかもしれませんので、まとめて相談するモチベーションも大事かもしれません。兎に角厳しい督促行為を受けたら、「上司と代わってください」という決め台詞が意外にも効果的と言うことを知ってください。部下は、そのようなことで上司に迷惑をかけることを一番警戒していたりします。一番楽な方法です。

キャッシング人気コンテンツランキング

お金のコラム じぶん銀行 みずほ銀行 ゆうちょ銀行 りそな銀行 アイフル アコム オリックス銀行 セブン銀行 ノーローン プロミス モビット レイク 三井住友銀行 三菱東京UFJ銀行 主婦・パート・派遣 体験談 即日 基礎知識 審査 少額借入 楽天銀行 浪費 銀行カードローン OLの借入体験 Q&A