貯金のためにはお金には3つの使い方があることを知っておきたい【お金の大切な話】

renz207
貯金ができない人はお金の使い方を知らない人です。お金には3つの使い方があることを正しく知ることが貯金への早道です。お金を貯めることが苦手な人は、お金の使い方を知らない人だとも言えます。つまりお金には消費、浪費、投資(貯金)の3つの使い方があるのですが、それについての意識がないか、もしあったとしてもそれが薄い人たちなのではないでしょうか。

ではこれら3つの使い方の違いは何なのかを見てみましょう。<消費とは>お金を使うことを一般に「消費する」と言いますが、これは生活用品の購入や、使用量などに対しての支払いのことを言います。つまり食料、住居費、水道光熱費、教育費、被服費、交通費、などにお金を費やすことを指します。<浪費とは>生活に直接必要でなく、単に一時的な娯楽のために無意味にお金を使うことを浪費といいます。

これはいわば無駄遣いですから生産性はないと言っていいでしょう。たとえば衝動買いのショッピング、ギャンブル、借金の金利などがこれにあたります。<投資とは>お金を上手に運用して増やすことを目的にして使うのが投資です。具体的には株式投資や投資信託などですが、将来のためにスキルを身につけるためにお金を使うのも、広義の意味での投資に当たります。たとえば英会話学校の費用や、本を買うお金などもそれに当たります。

お金の3つの使い方をよく心得ていればお金は貯まる

お金を貯めるためにはお金の3つの使い方について、絶えずバランスをチェックしなければいけません。浪費を省くのはもちろん大切ですが、それだけでは不十分です。なぜなら消費にも偏っていてバランスの悪い部分があるからです。したがってもしそれがあれば削るべきものは削ってバランスを整えなければいけません。

とはいえ、削りすぎるのは危険です。消費を削るのにはストレスが貯まりますし、あまり削りすぎると単なるケチと変わらなくなります。またお金を増やすための投資は必要ですが、リスクについてはよく考えて臨まなければなりません。投資にリスクはつきものとはいえ、金額や状況をよく考えて、自分にふさわしい方法で臨まなければなりません。そのためにはまず投資についてよく学んでから始めるべきです。

キャッシング人気コンテンツランキング

SMBCモビット お金のコラム じぶん銀行 みずほ銀行 ゆうちょ銀行 りそな銀行 アイフル アコム オリックス銀行 セブン銀行 ノーローン プロミス レイク 三井住友銀行 三菱東京UFJ銀行 主婦・パート・派遣 体験談 即日 基礎知識 審査 少額借入 楽天銀行 浪費 銀行カードローン OLの借入体験 Q&A