キャッシング審査に通らなくなるかも!?ブラックリストに要注意!!

そもそもブラックリストとは何かと言うことからお話ししましょう。キャッシングでお金を借り入れする時、ブラックリストは大丈夫ですか?などと良く聞かれることがあります。もろちんブラックリストだともう何処からも借り入れが出来ないと言う意味です。でもそれって本当なのでしょうか。大事な鍵はやはりブラックリストについての正しい理解をすることにあります。
実際にブラックリストと言うものは世界には存在しないとも言います。なぜなら、ブラックリストとは信用情報機関のデータに載っかる事故情報または異動情報に過ぎないからです。
キャッシングの信用情報機関とは、日本信用情報機構(JICC)、全国銀行個人信用情報センター、 割賦販売法・貸金業法 指定信用情報機関 CIC(シー・アイ・シー)のことです。このような信用情報機関に、消費者金融などは支払いの延滞が一定期間を過ぎた場合、事故の状態として登録することになり、つまりこれがブラックリストの正体です。

rez050

どの程度の延滞かと言えばおおかた3ヶ月と言われています。3ヶ月延滞した場合は、みなさんは信用情報機関の世界において、ブラックリストと見なされると認識してください。更に延滞とともに、自己破産、 任意整理、特定調停、個人再生手続き、代理弁済などの場合もブラックリストに登録されると言うことになります。
ブラックリストは存在しないと言えば存在しないと言うことですが、ただし信用情報機関に事故情報が存在し、事故情報が基準となり、私達はなかなか借り入れ困難な状態に陥ると言うことになります。もしもそのような状態でもお金を貸し出ししてくれる業者があるとすれば、それは正規の消費者金融ではなく、ヤミ金業者とでも考えるべきでしょうか。
ブラックリストではちょっと注意しなければならないことは、ブラックリストで審査に通過しないのは、たった3万円の残債を延滞してしまったと言うことからも起こると言うことです。300万円延滞しても、3万円の延滞でも事故情報は同じ事故情報なのです。

ブラックリストに載るとずっと借り入れすることが出来ないのか

ブラックリストに載ればずっと借り入れが出来ないと思っている人たちもいるようですが、実際にはそうではありません。なぜなら、ブラックリストには、時効と言うものもあり、ある程度の期間が経過することによって、情報が削除され、再びキャッシング可能にもなります。ただし、 私達は5年から10年間程度の期間、借り入れ出来ない状態を辛抱しなければなりません。
延滞情報は、JICCなら1年と言うことになりますが、後はCIC、銀行個人信用情報センターは5年、債務整理、債権回収、代位弁済、保証履行、強制解約は、 どの信用情報機関も5年、 自己破産、民事再生の場合、JICC、 CIC は5年、 銀行個人信用情報センターは10年となります。この話しを聞き、やはりキャッシングは少額であろうとも絶対に延滞をしてはならないと身を引き締めることにもなるのではないでしょうか。

携帯電話の支払いに注意しましょう

延滞と言えば、今大変信用情報機関に登録されるケースとして増えているのが、携帯電話機種の分割と言うことなので注意をしていただきたいと思います。携帯は電気代の延滞とはちょっと事情が違うようです。携帯の支払い延滞は信用情報機関の情報に載る可能性があります。なぜ携帯の延滞だけそのようなことになってしまうのかと言えば、 携帯の機種を割賦で支払いをしているケースが多いからです。ローンを組んで支払いを月々しているのと同じであり、私達は月々通信料と同時に割賦の支払いをしていることになります。

ブラックリストでも借り入れ出来る消費者金融は存在するか

どの消費者金融も信用情報機関の情報を共有しあっていると言うことで、基本はブラックリストに掲載されれば借り入れ出来ないと言うことは同じです。しかしそれ程有名でない消費者金融で審査を受ければ、ブラックリストでも審査に通過すると言うことがあるかもしれません。
例えばキャッシングのフタバは、過去自己破産や債務整理などをされた方もまずはお申込みくださいと記載 があります。 パーソナルクレジット セントラルもブラックリストの対応に寛容と言います。なぜこのようなことが起こるのかと言えば、大手消費者金融の受け皿的存在にならなければ運営が成り立たないからです。大手消費者金融が誰もに対して貸し出しを行えば、小さい消費者金融は必要とされないのです。それでも小さな消費者金融が運営を成立させるためには、大手から零れてきたお客様を受け止める以外に方法はありません。ブラックリストだから絶対に借り入れ出来ないと言うことではなく、私達にはまだまだチャンスと言うものが残されているかもしれません。どの消費者金融も経営が苦しい、そしてお客様を増やしたいという時に審査規定をゆるめると言うことがあります。新規でオープンした消費者金融などがあれば、その時は大いなるチャンス到来なのかもしれません。

キャッシング人気コンテンツランキング

SMBCモビット お金のコラム じぶん銀行 みずほ銀行 ゆうちょ銀行 りそな銀行 アイフル アコム オリックス銀行 セブン銀行 ノーローン プロミス レイク 三井住友銀行 三菱東京UFJ銀行 主婦・パート・派遣 体験談 即日 基礎知識 審査 少額借入 楽天銀行 浪費 銀行カードローン OLの借入体験 Q&A