消費者金融がかけてくる電話はこの3種類!営業の電話はかかってくる?

rez037
消費者金融がらかかって来る電話

まず消費者金融でお金を借り入れしようと思う時、私達が審査を受けなければならない訳ですが、ネットキャッシングは一切コンピューターとのやりとりで、消費者金融の人たちと会話をしないで済むと思えばそうではありません。消費者金融はコンピューター化を率先していると言うものの最終的な部分では人的、そしてコミュニケーションを求め昔ながらの方法で、確実に貸し出しして大丈夫かどうかを判断して行きます。
消費者金融で借り入れをしようと思った時、仮審査に通過した知らせ、在籍確認、更に本審査の通過などは電話により人と人の会話が行われて行きます。人と人との電話によるコミュニケーションによって判ると言えば電話の態度というのも一つのポイントではありますが、実際に電話のお客様の態度で審査が受かる受からないという大きな影響がある訳ではありません。

ただしもしも、この人に実際に30万円の貸し出しをしても大丈夫か否かという判断に迷っていた場合、電話の態度が悪ければ20万円で様子を見ようということはあるかもしれません。昔なら審査を対面で行い、あまりにもガラが悪かったりすると貸し出し額をしぶったりということがあった訳ですが、現在でも決してないとは言い切ることが出来ません。最終的に電話でコミュニケーションを持つと言うことには昔ながらの意味を持ち確実性の高い方法です。消費者金融がどんどん進化しても全面的にコンピューター任せにしてしまうということはないでしょう。

督促の電話

私達が消費者金融から借り入れをして延滞してしまうと消費者金融から再び電話がかかって来ます。昔の消費者金融なら本人と会話をする為に、いつまでも電話がなり続けることでしょう。かつて消費者金融では厳しい督促行為が行われ、だから尚更債務者は電話に出ないというイタチゴッコのようなものでした。
しかし現状では消費者金融も以前の督促行為のきつい消費者金融と比較をすれば随分変わったとも言えます。自宅に督促の為電話をかける回数も制限されています。最高でも自宅、携帯に三回、勤務先に一回程度と決められていて、社員がそれに違反すれば、罰則があるのでまず違反はないと考えてください。社員はそれぞれの成績の為に暗黙の了解が許されているということではなく、今はコンプライアンスに従わなければならない時代であり、成績の為違反する社員を誰も擁護はしません。
今は消費者金融から電話が有れば必ず出るという姿勢の方が正解です。なぜなら電話に出ればその電話は一応督促ですが、消費者金融に待つという猶予があるからです。
消費者金融が求めているのは本人と会話をすることであり、例え支払いが出来ない状態でも待つことが出来、万が一支払いが出来ない状態でも2ヶ月請求のところを1ヶ月だけでも用意出来ませんかとか、利息だけ支払いが出来ませんかとか、元金のみを分割で月々支払い易い額に再度契約をし直しするという和解を提案してくれることもあります。
更に延滞が遅れた時には、消費者金融へ債務者の方から電話をかけるという姿勢もとても大事なことです。それが消費者金融との正しい向きあい方です。

消費者金融の営業

消費者金融で借り入れをして増額して欲しいと思うこともあるのではないでしょうか。最初、消費者金融は債務者のことを決して信用しているという訳ではありませんので、最低レベルの額での貸し出しということは仕方のないことです。そして最低額に対してつく金利は一番高い金利に必然的になります。
そのような状態でこの人はどのような人かということを様子を窺っていりします。しかし私達は借り入れをすることによって、もちろん延滞がないという前提ですが、 信用を作って行くことになります。信用がある人たちは増額出来る可能性が段々と生まれて来ることになります。
自分でちょっと消費者金融に電話をかけて相談してみようかなと思っていた時に、ひょっとしたら消費者金融でも同じことを思って電話がかかって来ることもあります。
消費者金融でも信用ある人たちにはもっとお金を増額して使用して欲しいと考えているのです。結局消費者金融ではこのような営業の為に電話業務が行われています。消費者金融からは限度額を増額しませんかという電話がかかって来ます。
後最近では多重債務者に対して、おまとめローンの宣伝の為電話をかけて来るということがあるようです。消費者金融は今、総量規制対象外のおまとめローンの契約をして欲しくて結構積極的勧誘を行っているようです。
おまとめローンもいいですが、支払い計画が楽になることで、再び何処かでキャッシングをしようというモチベーションが生まれてしまうことにもなるのでちょっとそこには注意が必要です。真剣におまとめローンにするか否かメリットデメリットを追求してください。
そしておまとめローンもそうですが、新しい商品など登場すれば、馴染みになっている債務者に対して積極的に電話をかけて宣伝することをして行きます。消費者金融のそのような電話をウザいと思うこともあるはずです。その時はもうあまり電話をかけないで欲しいとキッパリいうことが肝心です。ただし督促電話は例外ですが・・・。

キャッシング人気コンテンツランキング

SMBCモビット お金のコラム じぶん銀行 みずほ銀行 ゆうちょ銀行 りそな銀行 アイフル アコム オリックス銀行 セブン銀行 ノーローン プロミス レイク 三井住友銀行 三菱東京UFJ銀行 主婦・パート・派遣 体験談 即日 基礎知識 審査 少額借入 楽天銀行 浪費 銀行カードローン OLの借入体験 Q&A