キャッシングで気になるのは金利!低さで選ぶなら銀行系がおすすめ。

rez003

キャッシングをしたい・・・。その時みなさんは、しっかり金利のことを考えているのでしょうか。キャッシングをするということは楽しいことかもしれませんが、後々私達には返済しなければならないという苦悩が待っているのです。借りたものを返すというシステムではなく、私達は借り入れたものに対して利息をつけ加えて多めに返済をしなければなりません。私達は利息をプラスして返済していかなければならないことを考えて、それでもメリットがあるならキャッシングをしようというモチベーションが大事なのかもしれません。

金利なんて支払いたくない・・・?

消費者金融も、銀行も金利によって生計をたてているので、金利なしで借り入れすることなど到底無理な話しです。しかし、細かいお話しをすれば、無理でないケースもあるようです。それは時々みなさんも聞くことかせあると思いますが、30日間無利息のような方法を採用することです。このような方法を採用すれば、借り入れしたい時に借りて、30日以内に返済すれば利息など消費者金融に支払いすることなく、借り入れした額と同じ額を返済すれば大丈夫です。

ただし、そんなに世の中は甘くなく、このようなシステムは初回の人たち限定であったり、ポイントをためた時だけであったりするので注意が必要です。ただし、ノーローンなど一週間という短い期間ですが、いつでも無利息というサービスをしてくれているので、ここにも一度注目してみてはいかがでしょうか

兎に角私達は金利を銀行、消費者金融に支払いしなければなりません

どの銀行、消費者金融でお金を借り入れしようかと思う時、どの会社が金利が低いのだろうという発想は普通の発想です。その考えがない人たちはひょっとしたらしっかり返済する気持ちがない、出来ない人たちなのかもしれません。
さてどの場所で借り入れすることが一番金利が低く借り入れ出来るのかという問題ですが、一番最初に銀行カードローンを意識してください。

なぜ銀行が一番金利が低いのか

銀行が貸し出しているものを銀行カードローンと言います。そもそも消費者金融と流れが違い、銀行のスタートラインは住宅ローン、車のローンと言った目的型、大型ローンのことを言います。額が大きいから厳重に審査が行われていると言うことです。そのような銀行がフリーの、そして額の小さな貸し出しを行うようになったのですが、銀行のスタンスは同じであり、実際に銀行カードローンで借り入れする場合は審査が難しいということを念頭に置くべきでしょう

審査が難しいと言うことは、返済するリスクを回避出来る方法です。銀行ではこの人たちは絶対にしっかり返済してくれるという人にしか貸し出しをしないから金利が低いのです。もしも、返済をなかなかしてくれない人たちが多いなら、回収出来ないリスクのことをしっかり考えて金利を高めに設定しなければならないという事態も当然出てきます。これが銀行カードローンが、その他のものと比較をして金利が低い理由です。

しかし問題は銀行カードローンは審査が厳しいこと

しかし残念ながら銀行の審査が厳しいためになかなか借り入れ出来ない人たちも出て来てしまうことになります。銀行カードローンで借り入れ出来ないのなら、銀行系カードローン、消費者金融を狙うことになりますが、その前にみなさんにお話ししておきたいのは、銀行系カードローン、消費者金融であってももう既にグレーゾーンが撤廃されて30%近い金利で貸し出しすることは法律上出来なくなってしまったので、そのような場所でも銀行のカードローンとそれほど大差がないと言ってしまえばそうなのです。

昔のことを比較すれば、どの会社も全部利息が低いと言えば低いのです。銀行カードローン、銀行系カードローン、消費者金融どこでも安心して利用することが出来ます。

その中でも銀行系カードローン、消費者金融どちらを選ぶか

銀行系カードローンは銀行と手を組んだ消費者金融のことを言います。銀行系カードローンか消費者金融かどちらを選択するべきかと言えば銀行系カードローンと言うことになります。銀行カードローンと銀行系カードローンは銀行法、貸金業法という従う法律も違うというものの、銀行系カードローンはしっかり銀行の背中を見て行動する必要性も迫られて、折り目正しい貸金業を行っていかなければなりません。
消費者金融がそうでないとは言いたくありませんが、もしも銀行系カードローンと消費者金融が同じ審査、同じ金利設定なら、銀行というネームバリューで多くの人が銀行系カードローンを求めてまうでしょう。銀行系カードローンは銀行に従い、消費者金融は違うことをしていかなければならないようです。
銀行系カードローンの持つスタンスは本当に貸し出しして返済出来る人たちにしか貸し出しをしないということであり、それは銀行ほどではないにしろ同じ方向性であり、従って必然的にリスクが少なく金利は下がって来ます。

最後に残った消費者金融の向かう方向性は銀行、銀行系で審査にパスしなかった者たちの受け皿的役割であり、
審査を甘くして多くの人たちを出来るだけ受け入れていきます。その中にはちょっと返済出来ないと言う人たちも残念ながらいるかもしれません。消費者金融は、そのような人たちのリスクをも補っていかなければならないと言うことで高金利で貸し出しをしなければならない現状があります。

キャッシング人気コンテンツランキング

SMBCモビット お金のコラム じぶん銀行 みずほ銀行 ゆうちょ銀行 りそな銀行 アイフル アコム オリックス銀行 セブン銀行 ノーローン プロミス レイク 三井住友銀行 三菱東京UFJ銀行 主婦・パート・派遣 体験談 即日 基礎知識 審査 少額借入 楽天銀行 浪費 銀行カードローン OLの借入体験 Q&A