自己破産や債務整理をしていてもキャッシングは可能なのか?

rez036

やむなく破産、債務整理などをしてしまった人たちはもうお金をキャッシング会社から借り入れすることは出来ないのでしょうか。消費者金融ではやはり、回収出来ないリスクを回避する為に、そのような人たちに積極的にお金を貸し出しはしないという傾向があります。

キャッシング審査は信用情報機関に共有しあっている

今まで利用して来たキャッシングを債務整理をしたから、今後借り入れする時は新しい消費者金融より借り入れすれば大丈夫という問題ではありません。消費者金融では審査をする時に信用情報機関での共有した情報を参考にする為、以前債務整理を行ったこと、破産をしたことなどはどの消費者金融でも一目瞭然です。そのようなことを一度でもして来た人たちに対して信用があるのかと言えば0です。一度債務整理をした人たちは、また借り入れをすれば同じような結果になることも目に見えているから、出来れば消費者金融は貸し出しをしたくないと考えます。
でも実際に債務整理など情報が永遠に残るという訳ではなく、それが10年以上昔の話しであれば、 信用情報機関より過去債務整理など行った記録が消えている可能性もない訳ではありません。

信用情報機関に時効がある

実際に信用情報機関でも時効なるものがあると言います。もしもそのようなことがなければ、自己破産という債務者を守るシステムがあるというのに、それを利用しないという事態を招くことにもなってしまうのではないでしょうか。
私達が日常生活で生活をしていく上では、自己破産がペナルティーになることはほとんどないと言うもののゼロではなく、もしも今後消費者金融で借り入れをしようと思った時には、信用情報機関に登録されているゆえ簡単には借り入れが出来ないと言うことになります。しかしそこにも信用情報機関の所謂ブラックリスクが解除になる為に期間があると言われています。時効というものが存在しているゆえ、時効を待たないでなかなか借り入れを新規にするということは不可能に近いでしょう。

信用情報機関とは?

信用情報機関は、JICC、CIC、 全国銀行個人信用情報センターであり、 クレジットに関する取引状況はCICは信販会社、消費者金融、ローン会社、保証会社、リース会社に関する取引状況はJICC、 銀行や信用金庫、信用組合に関する取引状況 は 全国銀行個人信用情報センターが関わっていきます。
そして肝心な時効成立の期間は、CIC、 JICCは5年、 銀行と関わる全国銀行個人信用情報センターは長く10年と言われています。 自分が時効になっているか否かという問題は、現在では自分で信用情報機関に確認を行うことが出来るので、みなさんも試しに一度確認してみてはいかがでしょうか。

信用情報機関の時効にあくまでも従う必要があるか

しかし本当に私達は自己破産、債務整理を行ったとき時効の成立を待ってから行動をおこさないといけないものかと言えばそうではありません。しかし今までと同じ状況であれば、貸し出ししても同じことを繰り返すと思われてしまうことになるので、与信をつけるということを積極的に意識して審査に臨んでください。
ここでいう与信とは、信用出来る自分に変えるということです。銀行口座にお金があれば、やはりそれは消費者金融などにとって信用の対象になることです。お金が口座にある人たちがキャッシングして延滞するということもまず考えにくいことです。そして会社に長く勤務し続けることによって消費者金融に対して信用を作ることも可能です。給料が高い、年収が高いと言うことも消費者金融にとって信用の要因です。ある意味転職も方法であり、より信用出来る会社に転職することによって消費者金融から信用のある人と思われるかもしれません。そしてそのような与信をしっかりつけて、かつ審査が甘いと言われている消費者金融を狙ってみてください。

事故情報があっても融資は可能か?

実際に消費者金融などが信用情報機関を共有しあい、そこに5年10年という期間、情報が残り続ける事実があります。その記録のことを知り、実際に貸し出しする消費者金融は少ないもののあるのも事実です。
それは単に異動情報ということで、貸し出ししてはいけないということではありません。消費者金融は以前と比較をすれば経営が困難になっている為、総量規制の問題ではもっと多くの人たちに貸し出しをしたいと思っているものの、回収リスクのことを考えると必然的に破産、債務整理などした人たちに対して厳しい姿勢になることもやむを得ない事です。

大手の消費者金融に申し込みをしてもなかなか思うように時効が来るまで借り入れ出来ないケースが多いでしょうが、 株式会社アルコシステム、 フクホー株式会社など、あまり会社の名前が一般的でないようなところは受け皿的存在となり、貸し出しをしてくれるケースがあります。そのような会社は、大手で借り入れ出来ない人たちを受け止めていかなければ経営が成り立ちません。例えば破産は駄目だけど債務整理履歴があったとしても 勤続して一年以上の履歴があれば可能であったりします。

キャッシング人気コンテンツランキング

SMBCモビット お金のコラム じぶん銀行 みずほ銀行 ゆうちょ銀行 りそな銀行 アイフル アコム オリックス銀行 セブン銀行 ノーローン プロミス レイク 三井住友銀行 三菱東京UFJ銀行 主婦・パート・派遣 体験談 即日 基礎知識 審査 少額借入 楽天銀行 浪費 銀行カードローン OLの借入体験 Q&A