貯金ができない体質だけはなんとしても改善しなければいけない【お金の大切な話】

renz238

貯金ができない人は体質改善が必要です。つまり貯金ができない体質をできる体質に変えるのです。少しびっくりする数字ですが、貯金に関する最近の調査によりますと、全世帯のうち貯金の無い世帯が30歳代で30%、40歳代で32%もいると言います。これだと30~40歳代の人のうち3分の1が貯金がないことになります。

これを知ると、消費者金融が繁栄する理由がよく分かるような気がします。しかし貯金が無いということは、それだけ生活に余裕が無いことですから、物質的にだけでなく精神的にも豊かな生活は送れません。したがってなんとしても貯金の無い状態から脱却しなければなりません。そのためには体質改善を図る必要があります。つまり貯金ができない体質を貯金ができる体質に改善するのです。とは言え、長年の間に培われた体質を簡単に変えることは出来ません。それは生活習慣病の治療のように、根気と努力を要します。

貯金体質を作るためにはどうしたらいいのか

貯金ができない体質をできる体質に変えるためにはまず次のことか取り組むと良いでしょう。<視点を変えて家計管理に臨む>貯金ができなかったのは家計管理の視点が正しくなかったからです。したがって視点を変えて、お金を動きを注視して家計収支のバランスをきっちりと見極めることから始めます。

そのためには家計簿をつけることが欠かせません。家計簿をつけることによって家計のバランスは少しずつ改善されていくはずです。なぜなら家計簿をつけると無駄なお金の使い方がはっきりしますから、無くさなければいけない無駄な部分がクローズアップされます。したがってその部分を除去していけば、次第に貯金ができる体質へと変わってくるのです。家計簿はお金の管理の下手な人にとっては怖いものかもしれません。しかしこれをつけることなしに体質改善を図ることはできません。なぜなら、家計簿なしでは、どこに貯金ができない原因があるかが分からないからです。まさに家計簿こそが体質改善のための格好の治療薬なのです。

<お金の使い方について一線を画する>例えばこれまでなんとなく使ってきたクレジットカードですが、これはポイントがつく上に使い方しだいでは便利なものですから使用を止めることはありません。ただ支払は一括払いだけにして使った分を現金から差し引くようにします。そうすれ無駄遣いが省けます。

またスマホの代金ですが、これは少し前までは無かった費用です。したがってこの費用を捻出するためには他の費用を削らなければいけません。それには交際費を削るなどして当てるのが良いでしょう。また車がある場合は、交通の便の良い都会地に住んでいるのなら、思い切って処分するのも貯金体質を作るための一つの方法です。

キャッシング人気コンテンツランキング

SMBCモビット お金のコラム じぶん銀行 みずほ銀行 ゆうちょ銀行 りそな銀行 アイフル アコム オリックス銀行 セブン銀行 ノーローン プロミス レイク 三井住友銀行 三菱東京UFJ銀行 主婦・パート・派遣 体験談 即日 基礎知識 審査 少額借入 楽天銀行 浪費 銀行カードローン OLの借入体験 Q&A