プロミスの自動審査について詳しく!どうすれば限度額は上げられる?

消費者金融のキングといえばプロミスのことなのではないでしょうか。 やはり消費者金融で一番最初にこの名前を思いつくという人たちが多いようです。プロミスでも3秒診断などというものが行われています。しかし3秒診断と審査と混同しないようにしていただきたいと思います。

rez057

3秒診断とは何か

3秒診断は、みなさんが実際に借り入れ可能かどうかおおよその判断をするためにコンピューターによって極めておおざっぱに判断するサービスであり、実際に審査をしてみれば、内容が違っていたということは起こりうることです。
審査には仮審査と本審査というものがあり、3秒診断は仮審査にあたる部分になると思っている人たちもいますが、実際に3秒診断は仮審査と言ってもいいかもしれませんが、入力する項目も少なく、極々平均値判断が行われるだけで仮審査以前のものです。
3秒診断でOKと言うことであれば、次に申し込みフォームで申し込みをして、仮審査を行ってください。この仮審査が本来の自動審査と言われているものであり、 即日融資が可能になった要因とも言われています。プロミスでも仮審査と言うものがあり、本審査と言うものがあるから、即日融資が可能になり、仮審査が行われている審査は人的に頼らないコンピューター化された自動のシステムです。

仮審査で行われること

仮審査で行われることは、3秒診断の毛が生えたと言ういい方も正しいかもしれませんが、申し込みフォームに記載し個人の情報によってしっかり診断をして行きます。だから、3秒診断よりも、ここから行われる仮審査の方が確実性が高いものとなります。
なぜプロミスでもこのような仮審査、本審査と言うことが分けて行われているのかと言えば、仮の審査によって、全然貸し出しするに値しない人たちを切り捨ててしまうことが出来るからです。そのような人たちでもやはり、借り入れをしたいと窓口に本来であれば詰めかけてしまうものではないでしょうか。しかし窓口に押し掛けても借り入れする資格がない訳ですから、対応するだけ人件費のロスと言うことになります。そのような非合理性を排除することによって、即日融資が実現できるようにもなりました。そして、仮審査に通過することによって、俄然無人契約機などへ向かうモチベーションも高まります。だから3秒診断をして、申し込みフォームより申し込みをして、無人契約機で本審査を受け入れると言うのが正しい即日融資のための方法です。
仮審査とは個人情報に基づかれて行われるものの正しい審査と言う訳ではありません。仮審査でパスしたとしても、本審査で通過しなかったと言うことがない訳ではありません。

限度額を上げるために

プロミスで今使用している額よりも限度額を上げたいと言う場合、どのような手段を取ればいいのでしょうか。 最初消費者金融利用初心者の人たちは、高額借り入れなど期待は出来ず、おおかた30万円程度と言うことでしょう。低額しか貸し出しを行わないから消費者金融は即日融資が可能とも言えないことはありません。高額の貸し出しとなれば、私達は、もっと長い時間審査に時間を費やすことになります。
まず私達がキャッシングの増額を期待したいのであれば、半年以上の実績を作るという必要があります。それは、利用してかつ遅れがなく返済し続けることです。一回程度遅れても大丈夫という発想はここでは間違いです。キャッシングは決して一度も遅れるべきものではありません。そして今設定されている限度額まで使うと言うこともポイントの一つです。
プロミスの場合、会社の方から、「増額しませんか」と言う電話がかかって来ることもあります。本来なら増額を希望する人たちは会員のページより増額の申し込みをすることになります。敢えて積極的に申し込みを希望して来ない増額の資格のある人たちに対して消費者金融の側から電話によりアピールをします。したがって実績があれば待つと言うことも方法かもしれませんが、必ずプロミスから電話がかかって来ると言う保証がある訳ではありません。経営状態により顧客増加を必要としない場合などがあります。

突然あげて欲しいと思っても無理・・・

どうしても増額して欲しいと思うこともあるかもしれませんが、ある程度利用して期間を経過する必要があり、利用して3週間程度で増額の依頼をしてもまずどこの消費者金融でもそれを受けれ入れることはありません。

もう一度まとめますが、増額のために私達は、利用し半年以上の信用を作ると言うことが必要になります。突然高額に増額になると言うことはまず考えづらく、徐々に上がって行くと考えることが普通です。
そして増額の時、再び審査が行われることになります。その時、審査があり同時にネックは総量規制の問題です。どんなに増額をして欲しいと主張しても貸金業法改正による総量規制のネックがあり頭打ちになります。ただし、年収がアップしたことを主張すれば、より以上増額は期待出来るかもしれません。焦りは禁物です。信用が存在しないと言うのにしつこいアピールは、信用が出来ても増額してもらえない恐れがあります。

キャッシング人気コンテンツランキング

SMBCモビット お金のコラム じぶん銀行 みずほ銀行 ゆうちょ銀行 りそな銀行 アイフル アコム オリックス銀行 セブン銀行 ノーローン プロミス レイク 三井住友銀行 三菱東京UFJ銀行 主婦・パート・派遣 体験談 即日 基礎知識 審査 少額借入 楽天銀行 浪費 銀行カードローン OLの借入体験 Q&A