キャッシングを利用する人のほとんどが生活費や教育費の為に利用している事実

なぜキャッシングをしなければならないか考えてみてください。消費者金融のしようとしていることは矛盾がない訳ではありません。なぜなら収入のある信用のある人たちに高額のお金をどんどん貸し出ししましょうと言っているからです。貸金業法改正による総量規制の法律があると言うものの年収3000万円の人になら、1000万円借りてくださいと言っているようなものです。(実際には消費者金融には借り入れ限度額がありますが)そのような収入のある人たちが本来そのような額を消費者金融から借り入れをするはずもなく、本当にお金を借り入れしたいという人たちは、生活にちょっとあっぷあっぷの状態になっている人たちであり、中小企業で明日のやりくりに苦戦している人たちなどです。
rez017

消費者金融はリスクのある人たちに本当は貸し出しをしたいと思っている

現在の消費者金融の立ち位置は総量規制の問題のお陰で絶対に返済出来る人に貸し出しをし、返済出来ないリスクのある人たちには貸し出しをしないスタンスです。しかし以前の消費者金融のスタンスとそうではなく、返済リスクがある人たちにもお金を貸し出しして、リスクがここにある訳ですが、リスクは高金利かつ督促行為によって解消されて来たのです。
消費者金融での借り入れは決して安全圏の中にいる人たちが借り入れをすると言うことではなくて、このように困っている人たちが借り入れすることによって求められていて、リスクとも背中合わせになっているようなものです。
総量規制の規制より、リスクを切り離した現在の消費者金融は本当のところを言えば機能を果たしているのかという問題に関わって来ます。

消費者金融のお金がどのように使用されているか

消費者金融は現在、自営者のためのカードローンというものがあり、このようなものに力を現在入れています。なぜ、それに力を入れるのかと言えば、自営者カードローンは消費者金融の願っている総量規制対象外だからです。ここではフリーキャッシングよりも、リスクの高い人たちが借り入れする可能性がある訳です。リスクイコール需要なのかもしれません。リスクのない人たちはキャッシングなど求めていかないものでは・・・?それは言い過ぎでしょうか。
総量規制は何処かでは矛盾していて、確実に安全圏の人にしか貸し出しをしないスタイルは消費者金融の存在意味をなくしてしまうことにもなります。必要としている人たちが借り入れ出来ないで、必要としない人たちに借り入れしましょうと言っているようなものだからです。キャッシングは困っているから必要であり、困る人たちにお金を貸し出しすることによって当然リスクが引っ付いて来ます。

みんなどのようにお金に困っているの?

個人の場合、キャッシングをする人たちも困っていると言えば困っている訳です。総量規制の視点に立てば、敢えて消費者金融はそのような人たちに計画を持って使用して欲しいと思っているのです。その困ったとは『計画性のある困った』であり、本当のことを言えば真剣に困っている訳でないから、しっかり計画性を持って返済の対処をすることが出来ます。
ただし誰もが計画性を持つことが出来るかと言えばそうではなく、ギャンブルに走り、困ったと言うことで1万円キャッシングをする人もいるでしょう。そのような人たちは、計画性のことなど一切考えておらず、後々返済は出来ないかもしれないリスクはより高いものとなります。

ここで抑えておかなければならないのは本来はそのような人たちのリスクを受け止めてこそ消費者金融がより輝く瞬間であった訳ですが、それは高リスクと厳しい督促行為によってリスクをクリアする方法です。しかし現在の消費者金融は以前の消費者金融とは全然違う存在であり、高い利息も厳しい督促行為も出来ないために、このような債務者に対抗する手だても持っていません。総量規制が出来、このようなリスクのある債務者とは向きあうことが可能なものの今度は消費者金融の方でそのような人物は回避していかなければならなくなり、結局消費者金融が求めているものは、『ちょっとリスクがある人たち』になります。

世の中が不況になって来ると

ちょっとリスクがあると言うことは例えば個人の場合は一週間後に給料が出ると言うのに現在お金がなくて飲みに行くためにキャッシングをする人たちです。
次に家族という単位で考えてみましょう。
家族はしっかり未来に支えられています。まずはしっかり計画性を持ち安易な選択でキャッシングをすることはありません。しかし、不況の波が押し寄せてくると生活のためにどうしてもキャッシングをしなければならないことが出てきます。そのようなキャッシングは計画性をしっかり持つと言えども生きて行く為にキャッシングをしなければならないと言うことで計画性をしっかりもてないと言えばもてないのです。仕方ないからキャッシングをするというスタイルです。それは消費者金融にとってリスクです。
子供がいれば不況になるほど教育費にキャッシングでお金をあてると言うことも出て来ます。
でもギャンブルのようなリスクの大きなものかと言えば、それも違い家庭とはしっかり人たちの監視によって管理されている場所です。これも消費者金融の求めている『ちょっとリスクのある人たち』に含めるべきなのではないでしょうか。

キャッシング人気コンテンツランキング

SMBCモビット お金のコラム じぶん銀行 みずほ銀行 ゆうちょ銀行 りそな銀行 アイフル アコム オリックス銀行 セブン銀行 ノーローン プロミス レイク 三井住友銀行 三菱東京UFJ銀行 主婦・パート・派遣 体験談 即日 基礎知識 審査 少額借入 楽天銀行 浪費 銀行カードローン OLの借入体験 Q&A