消費者金融の取り立てはじつは怖くない?取り立てのルールはとても厳しかった!

キャッシングをしたとき、延滞することは大変良くないことです。しかし、万が一と言うことは実際に起こることであり、それが起こったとき、どのような督促行為がされるかと言うことが気になって借り入れ出来ないと言う人たちもひょっとしたらいらっしゃるのではないでしょうか。ここでは督促行為と言うことに触れてみましょう。

rez062

昔はやっぱりひどかった・・・?

消費者金融がサラ金と呼ばれていた時代があります。今でもサラ金と言う言い方としますが、昔の人たちが消費者金融のことをサラ金と呼んでいたのは、敢えて督促行為などが厳しい消費者金融に対しての蔑視の呼び方だったのでは・・・?サラ金は借り入れするべきではないと言う声も確かに上がっていたのです。
大体、なぜサラ金で借り入れをしなければならないのでしょうか。ギャンブル、風俗に没頭してしまった、社会的ルールを失った者だけが、より奈落の底へ落ちるための手段としてサラ金がそこに存在します。返済出来る計画性ないものだけが、借り入れを行いどんどん道を踏み外すことになります。
昔は確かに、違法な取り立てと言うものが存在し、当たり前化していました。なぜ当たり前化してしまうのかと言えば、借り入れをして返済出来ない債務者も落ち度と言うものが存在するからです。
しかし落ち度と言うものが存在しているにせよ、厳しい督促行為で自殺する多重債務者が出、社会的問題ともなりました。返済を苦に自殺に至る程、厳しい、精神的にプレッシャーとなる督促行為が行われていたことになります。

貸金業法によって変わったこと

以前の督促行為は、何度自宅へ電話をかけても制裁を受けると言うものではありません。消費者金融の上司は、電話をかければかける程、債務者にプレッシャーを与えることが出来、返済される率を高めて行く為に激励していたことでしょう。会社にだって回数制限と言うことがなく、訪問回収も積極的に行い、24時間張り込みと言うことも行われていました。子供さんの学校にまで電話が入ると言うこともあり、兎に角、支払いをしなければ段々と居づらくなる状態に持ち込まれたのです。
みなさんは貸金業規制法と聞き、どのようなイメージを持つでしょうか。平成19年12月19日以降貸金業規制法は貸金業法に改められましたが、本来貸金業規制法は、このような消費者金融の厳しい督促行為をも厳しく罰する法律と改正されたのです。残念ながら昔の消費者金融には悪しき歴史と言うものが存在していたことになりますが、消費者金融は新しく見違える程変身したとも言うことが出来ます。

消費者金融は変わった

消費者金融は、当然今でも督促行為と言うことはしていかなければなりません。やはり、現在でも返済がなかなか出来ない人たちもいるからです。しかし、返済出来ない人たちにもそれなり事情と言うものがあり、待つと言うことも大事な仕事です。消費者金融は、待つというモチベーションが昔以上寛容に出来るようになったと言う言い方も正解です。
もう今は、支払い出来ない債務者の人たちほど、債務者の方から積極的に消費者金融に電話をかけるべきと言いたいのです。消費者金融は、返済出来ないことよりも、連絡がつかないことを警戒しています。連絡がつかないと言うことが債務者の事情が全然察知出来ないことになり、行方不明になってしまった可能性も示唆出来ます。行方不明になってしまった場合、消費者金融では、いろいろ調査を行わなければならない為コストがよけいにかかると言うことも考えていかなければなりません。
電話をすれば待つというスタンスが消費者金融には存在します。そして何ヶ月か溜まっていた場合は、1ヶ月分だけでも支払い出来ないか、相談を受け、都合つかない場合には、いついつまで努力をしてまた電話を下さいと言う話しをします。利息分だけでも支払い出来ませんかという提案もして来てくれることでしょう。
消費者金融単位で、和解という方法もあります。それは、このまま支払い出来ないで破産してしまうことのリスクを回避したいため、消費者金融独自で利息をカットして、ほとんど元金のみを、支払い易い金額で分割をして月々支払いする再契約を結ぶ方法です。

消費者金融の督促行為は穏和になった

兎に角消費者金融は、以前と比較したら督促行為は雲泥の差であり、訪問回収を一切中止をしたカードローン会社もあります。個人情報の問題もあり、外へ情報を持ち出すことも中止してしまったのです。督促行為は、法律によってしっかり監視されています。実際に自宅に電話をすることはありますが、かける時間はしっかり時間が決まっており、その中で三回程度しかかけることが出来ません。本人が出ず、誰か他の人たちが出た場合、返電依頼も一回であり、留守番テープに録音も一回です。法律で厳しく全部が決まっていると言うことではありませんが、消費者金融が独自のルールを作り、厳しく現在厳守しています。会社に対してもかけないと言うことはありませんが、自宅、携帯を優先して、ある程度期間を待ち、それでも連絡がない場合において、一日一回、個人名において会社に電話をかけていいことになっています。

電話督促はいたってソフト

○○さんいらっしゃいますか。そこでしっかり確認しなければならないことは本人確認です。昔ならお母さんが出てきて、全然構わず代払いということを強要していたことでしょう。支払い出来ないのは、お母さんが教育を怠っていたせいじゃないですか・・・、とは本当に消費者金融の常套句だったのですが、 そのようなことをもちろん現在第三者に対して言うことは出来ません。消費者金融での借り入れは決して連帯保証人をつけている訳ではありませんし、支払い義務など親にはありません。
そして話しをしても大丈夫かどうかを確認して、相手が今まずいと言うことであれば、電話での会話を中断しなければなりません。それがたまたま話しすることが出来た債務者だとしてもです。そして、そのような会話は全部録音されてモニタリングチェックが行われているので、消費者金融の社員一人が成績を上げるために独断で謀反を起こすと言うことも不可能です。
昔は、消費者金融の社員は、どのような手段を使っても回収することによって、成績が上がり、上司より褒められたのですが、今消費者金融は、回収することによって褒められることはありますが、ルール違反に対して誰もフォローをして来ません。
文書に対しても、以前なら、マーカー、赤ペンでの書き込み、「すぐに連絡をしろ」という手書き、一言メッセージつきと言うケースがありました。それももちろん現在はNOです。文書もしっかり出す枚数がしっかり管理されています。
実際に消費者金融は、督促行為で違反を起こすことにより罰則を受けることになり、過去営業停止になってしまったことがあります。それもたった一人の社員が会社には電話をしないで欲しいと言う債務者のお願いを破って、会社に電話をしたことによってです。
遅れているのは債務者です。それだけのことで消費者金融がダメージを受けるのは変と考える人たちもまだいるかもしれませんが、消費者金融は実際にたったそれだけのことで、営業停止になってしまうのです。以前の消費者金融と違うと言うことでは、銀行と手を結び銀行系カードローンとなったことで、銀行程度品位を持ってふるまう必要も出てきたのです。

キャッシング人気コンテンツランキング

SMBCモビット お金のコラム じぶん銀行 みずほ銀行 ゆうちょ銀行 りそな銀行 アイフル アコム オリックス銀行 セブン銀行 ノーローン プロミス レイク 三井住友銀行 三菱東京UFJ銀行 主婦・パート・派遣 体験談 即日 基礎知識 審査 少額借入 楽天銀行 浪費 銀行カードローン OLの借入体験 Q&A