クレジットの審査ポイント!「クレジットスコア」の計算方法について

クレジットカード、カードローン、キャッシングなどで私達が借り入れしたいと言う時に、絶対に向きあう必要があるのが審査と言うことになり、その時クレジットスコアと言うものが重視されることになります。ここでお話しするのはこのクレジットスコアについてです。

rez049
クレジットスコアと言うものは、金融機関がこの人たちにお金を貸し出ししても大丈夫か否かと言うことを判断する時に使用します。それは信用情報機関の情報より判断を行うと言うことです。
信用情報機関の情報には、申込者の過去に利用したクレジットカードのショッピングやキャッシング、または各種ローン借入れ履歴と言うものなどが掲載されています。信用情報機関の情報そのものがクレジットスコアと言うことではなく、それを数値化したものがクレジットスコアと言うことになります。
様々なキャッシングの情報がここに掲載されていますが、日本ではまだまだクレジットスコアについて認識も乏しいのかもしれませんが、既に欧米では一般的であり、 それは信用の偏差値のようなものなのです。アメリカが率先してクレジットスコアと言うものに積極的だったわけですが、日本でも段々とクレジットスコアを重視するようになって来ました。

どのように計算されているのか

まず契約口座の種類が重視され、 キャッシング、ローン、分割払い、クレジットカードのショッピングなどなど、それぞれの利用額が総体的にどのような構成比率であるかということを見、10%ほどの率を抱えています。キャッシング、ローン、分割払い、クレジットカードのショッピングでの新しく契約があった数が10%の割合を持ちます。 保有している期間の長さがおおよそ15%、 全体の借入れ金額の合計が、30%、 返済履歴が35%、このような構成率によってクレジットスコアによる審査が行われて行きます。
信用情報ということを重視して審査を行うと言うことではありますが、パーセンテージを意識するものであると言うことを注目していただきたいと思います。

参考記事:クレジットカードの審査に落ちた方へ!審査落ちの理由を見極めよう

アメリカはクレジットスコア社会

アメリカはクレジットスコア社会と言っても言い過ぎではありません。段々と日本もこのような社会になることが想像出来ます。アメリカではエキファックスやエクスペリアン、トランスユニオンという信用情報機関があり、ここに様々な情報が集まって来ます。
ここで活躍するものがフェアアイザック社が開発したFICOスコアであり、FICOスコアが 300点から850点によって個人を格付けランキングして行くことになります。そして当然低い点数の人たちは信用のない人たちとなります。リボルビングなどの時に高い金利設定されることになり、預金する時は低い金利設定になってしまうことになります。そして信用のある人たちは、もちろん逆で、借り入れする時には金利は低く、預金は金利が高いと言うことになります。
アメリカではこのクレジットスコアが様々な場所において活かされて、 社会生活に大きな影響を与えています。 就職活動と言った場所でもクレジットスコアが活かされ判断されると言うことがあるようです。
その平均点は680点あたりと言われています。750点以上ならプライム層と言われ、とても評価の高いランクになります。620点以下であればサブプライム層と言われています。やはり信用がなかなかされることのない層と言うことになります。

クレジットスコアアップの方法

そしてみなさんはそのようなものがあることを知り、クレジットスコアを出来ればアップさせたいと思うことでしょう。クレジットスコアが社会の信用そのものになりつつあるからです。
そのためには、クレジットの利用を減らす、かつ毎月しっかり使用するというモチベーションもとても大事なことです。使い続けて限度額の20%から50%程度に抑えると言うことが成績を上げるためのポイントです。
クレジットカードを多く持つことが信用ではありません。二枚、三枚でやり過ごすことがクレジットスコアをあげるためのポイントです。自分の信用格付が正しいか、ローンを組む前にいつもしっかりチェックをする姿勢も私達には必要になって来ます。住宅ローンを組むと言う時に、消費者金融の利用をしないと言うこともポイントの一つです。
かなり厳格にこのようなクレジットスコアを日々意識している人たちもかりアメリカでは多いようです。そしてこのようなクレジットスコアが日本でも同じように浸透するかの勢いを持っています。多重債務者を救済するという名目でに貸金業法が改正されましたが、この改正は信用情報を一本化し管理することも目的としていたのです。
なぜ、アメリカの人たちは、クレジットスコアに真剣に向きあっているのかと言えば、低クレジットスコアの人たちには地獄の生活が待っているからです。実際にクレジットスコアと言う人たちはアメリカでも90%を抱えていると言われています。その人たちは借り入れする時の高金利に悩まされて続けています。それは金融の視点にたつ差別化なのです。日本の人たちはまだ大丈夫なのでしょうか・・・。

キャッシング人気コンテンツランキング

SMBCモビット お金のコラム じぶん銀行 みずほ銀行 ゆうちょ銀行 りそな銀行 アイフル アコム オリックス銀行 セブン銀行 ノーローン プロミス レイク 三井住友銀行 三菱東京UFJ銀行 主婦・パート・派遣 体験談 即日 基礎知識 審査 少額借入 楽天銀行 浪費 銀行カードローン OLの借入体験 Q&A