趣味のためのキャッシング、スノボ旅行を満喫!

お金を借りて趣味に使う?自己責任でやれば問題ないでしょう!

趣味を楽しむためには時間だけではなく、お金が必要になってしまうこともあります。
例えば、自宅で簡単に楽しめるような趣味であればさほどお金をかける必要もありませんが、スポーツを楽しんだりするのであれば、どうしても必要な道具を揃えたりするために費用が必要になってきます。

できる限り道具を抑えて趣味や楽しみたいと思っていても、ウィンタースポーツやマリンスポーツなどに関してはある程度の道具が必要になってくるため、こうした道具についての費用は準備しておかなければならないでしょう。
またこうした道具は一度購入しておけば、永久的に使用できるものではなく、途中で破損してしまうようなことや紛失してしまうようなこともありますので、このような場面でも改めて買い直しをしなければいけないような状況になってしまうこともあります。

renz149

その場で費用がなければ趣味を楽しむことを我慢するのも一つの方法ですが、自分の趣味を我慢するというのは非常にストレスを感じてしまうものだし、人間づきあいをしていく中でもある程度趣味に必要なお金というのは確保しなければならないものだと言えます。
毎月のように多額のお金が必要になってしまう趣味は確かに我慢しなければなりませんが、前述のとおり、例えば道具が壊れてしまったり、紛失してしまった場合には、なんとかして道具を揃えれば再び趣味が楽しめるようになりますので、ここでキャッシングを利用することも考えてみると良いです。

お金がなくてスノーボードに行けないのが辛かった

renz148

僕は大学に入る少し前からスノーボードを始め、徐々に滑りも上達してきたので大学に入ってからも多くの友人たちと毎シーズン滑りに出かけていました。
ボードを始めた頃は両親が道具を買ってくれたので、その道具をずっと使っていたのですが、大学を卒業する直前になってビンディングが壊れてしまいスノーボードが出来なくなってしまいました。

ビンディングはボードをしていく上で最も重要な部分になりますから、これがなければ当然滑ることができません。
シーズンを目の前に、ソワソワと準備をしていた時の出来事だったのですが、大きな落胆と共に次のシーズン、どうしようかと考えました。
毎年のように友人と滑りに行っていたので我慢することができず、僕は学生専用のキャッシングを利用することを決意しました。

両親に知られてしまうのではないかとドキドキしましたが、アルバイトをしていた僕は特に両親に知られることなくお金を借りることができました。
五万円ほど借りることができたのですぐに新しいビンディングを購入し、もちろんそのシーズンも友人と滑りに行くことができたので、とても助かりました。
その後の返済に関しては、アルバイト代で少しずつ毎月返したので、今ではもうキャッシングの残高もありませんが、あの時お金を借りることができなければ滑りにも行かれなかったし、今考えると無謀だったけどやっぱり友人との新しい思い出作りができてよかったと思っています。

キャッシング人気コンテンツランキング

SMBCモビット お金のコラム じぶん銀行 みずほ銀行 ゆうちょ銀行 りそな銀行 アイフル アコム オリックス銀行 セブン銀行 ノーローン プロミス レイク 三井住友銀行 三菱東京UFJ銀行 主婦・パート・派遣 体験談 即日 基礎知識 審査 少額借入 楽天銀行 浪費 銀行カードローン OLの借入体験 Q&A