キャッシングと融資の違いは?言葉の違いかな?

消費者向けのお手軽なローンカードでの借り入れがキャッシングって感じかな!

renz081

お金を借りることに対しては、キャッシングと表現したり、融資と表したりすることがあります。
キャッシングというのは基本的にお金を借りることに対してのイメージが強いのですが、融資の場合には、どちらかというとお金を貸す側が使う言葉だと言うイメージもあるのではないでしょうか。

そのため、お金を借りる側としては融資を受けると言った表現をします。
キャッシングという字そのものが大きな違いはなく、基本的にお金を借りるものですから、同じものだと考えていて良いでしょう。
ただこれまでのイメージとして融資であれば、銀行などで大きな金額の融資を受けるといった表現や、住宅ローンを組むため、そこで必要になる金額の融資を受けるなどといった表現が多かったのではないでしょうか。

一方消費者金融などの場合には融資を受けるといった言葉を使うことは少なく、キャッシングをするといった表現になっていることがほとんどです。
金額によってや借入をする会社にお店の表現の違いはあるものの、お金を借りることに変わりはありませんので、ここでの言葉の違いについて深く意味を追求する必要はないと言えます。
なんとなく、融資という言葉を使ってしまうとその分金額が大きいことや銀行などで厳重な審査を行ったというイメージになってしまう部分もあり、キャッシングであれば、ある程度自分の自由に繰り返しの利用ができるといったイメージもあります。

融資とキャッシングの違いはあんまり深く考える必要はないよ!

近年ではキャッシングという言葉を利用することの方が多く、なんとなく親近感を持てるような言葉なのではないでしょうか。
銀行などが行っている大型融資の場合には比較的金利そのものが低い設定になっているため1%を超えない中での利息設定になっていますが、消費者金融などの場合には1%を超える場合などもあります。
借入をする金額によっても金利設定は変わってくるのですが、大きな金額での借り入れをすればするほどに返済期間も長くなるため、そこに比例して、既にその物も低い設定になっていることがわかります。

以前は消費者金融は2%を遥かに超えるような金利設定になっていましたが、近年ではこうした金利設定も少なくなり、返済をする側が負担に感じてしまうことのない程度まで金利そのものがリーズナブルになっています。
消費者金融などでは借り入れができる限度額に上限があるため、それだけでは間に合わないようであれば、銀行などで融資を受けるのが良いといえるでしょう。
銀行などでも小額でのキャッシングを利用することができますが、多くの場合で融資に関しては融資カードなどと言うものは発行されず、キャッシングカードということからもキャッシングという言葉の方が親近感を持ち表現しやすいことがわかりますね。

キャッシング人気コンテンツランキング

SMBCモビット お金のコラム じぶん銀行 みずほ銀行 ゆうちょ銀行 りそな銀行 アイフル アコム オリックス銀行 セブン銀行 ノーローン プロミス レイク 三井住友銀行 三菱東京UFJ銀行 主婦・パート・派遣 体験談 即日 基礎知識 審査 少額借入 楽天銀行 浪費 銀行カードローン OLの借入体験 Q&A