事業資金は銀行以外で借りることが可能?事業用カードローンだ!

キャッシングとかカードローンで借りて会社の資金に回しちゃう人もいるね!

renz041

銀行での借り入れは数万円といったものではなく、数十万円から数百万円といったものがほとんどではないでしょうか。
そのため、事業資金を借りるためには、銀行で長い審査を経てお金を調達するという認識がありましたが、近年では消費者金融やカードローンの会社でも事業資金を融資してくれていますので、こうしたものに申し込みをすればスピーディーな審査、そして融資をしてくれます。

ただ、事業資金としての名目で貸付を行ってくれている消費者金融とそうではない会社がありますので、ここはあらかじめ見極めるようにしてください。
万が一、事業資金としてお金を借りることができなかった場合については消費者金融で目的フリーのローンを利用するのが効率的な方法と言えます。
近年の消費者金融や各種カードローンの場合には、目的を特に定めず、どのような使用方法であっても一定金額までは貸付を行ってくれていますので、こうしたキャッシングを利用することで事業資金に使うことができます。

事業資金目的だと、普通のキャッシング会社は審査が通らないよ!

renz067

もちろん、事業資金といった名目でお金を借りることができればそれが1番良いのですが、書類の不備により審査に落ちてしまった場合や銀行などで長い審査を待つことができない場合には、スピーディーな審査を行ってくれる消費者金融がとても重宝してくれます。
審査の結果次第では希望する金額を借り入れできない場合もありますが、全くお金が手元になく状態や、回らない状態を防いでいくためにも少しの借り入れができれば良いといった状況や、複数の会社から小額でも融資を受けたいといった場合には、消費者金融などを利用しながらお金を借りると良いでしょう。

ただ名目が事業資金としてではないので、当然総量規制の対象となってしまうことは忘れないようにしてください。
目的フリーのローンで総量規制の対象になってしまう金額まで借り入れをしてしまった場合には、当然ながらそれ以上の借入を行うことができませんので、そうなれば銀行などで事業資金を借りるしかなくなってしまいます。

銀行で借りられるなら、もちろんそっちの融資が優先、金利も安いしね!

必ずしも銀行でしか借りられないというわけではなく、上記のように消費者金融やカードローンの会社を上手に利用することで事業資金として使えるお金を準備することができるので、頭に入れておきましょう。
また銀行の審査とは違い様々な書類の提出を求められてしまうようなこともありませんので、前年度の売上収入証明書を準備するのが面倒だと言った場合などにも、消費者金融やカードローンはスピーディーで助かります。

例えば仕事で使ってる機材が壊れてしまった場合や、従業員に支払うお給料が少しだけ足りないといった場合には数十万円の融資を行ってくれる消費者金融などを利用すれば、その場で解決できるかもしれません。

キャッシング人気コンテンツランキング

SMBCモビット お金のコラム じぶん銀行 みずほ銀行 ゆうちょ銀行 りそな銀行 アイフル アコム オリックス銀行 セブン銀行 ノーローン プロミス レイク 三井住友銀行 三菱東京UFJ銀行 主婦・パート・派遣 体験談 即日 基礎知識 審査 少額借入 楽天銀行 浪費 銀行カードローン OLの借入体験 Q&A